9種類の保証で販売数とコンバージョン率を劇的に上げる

「保証」による、販売戦略を考えた事がありますか?色々な切り口の保証を紹介していますので製品・サービスに合った保証を活用しましょう。

 

綺麗な画像を使ったり、値段を安くしたり、広告を出す事で魅力をアピールをすれば、お客さんに「買いたい!欲しい!」と思わせる事は可能なのですが、「購入」ボタンを押す前に頭の中に出てくるのが、「不良品だったら?」「この商品を買っても大丈夫か?」「後悔しないのか?」という事です。

続きを読む

ヤフオクで売れない時にチェックすべき6つの項目

輸入ビジネスの入り口として、超初心者の方にオススメしているヤフオク販売ですが、つい昨日まではライバルがいても毎日たくさん売れていたのに「パタリ」と売れなくなる事があります。そんな時にチェックすべき項目をまとめました。

続きを読む

封筒にメッセージを書き、win-win-winな関係を作った方法

自社発送をしていれば、配送をする際は、ダンボールの使用または封筒を使っての発送がメインになると思うのですが、ポスト投函の封筒だとどうしても力ずくで狭いポストに入れたりする配達員の方がいて、

 

折れ曲がったりする事があったので、封筒を工夫したところ、雑な配達に関するクレームが無くなり、購入者様からもうれしい声を頂くようになったのでシェアします。

続きを読む

中国の旧正月はいつ?2017年1月28日?

実は日本も明治時代までは、旧暦を採用しており、中国と同じように旧正月をお祝いしていましたが、明治時代以降にグレゴリオ暦へと変わり日本で旧正月をお祝いする事は少なくなりました。中国は今でも旧正月を盛大にお祝いしますので、中国内の経済活動がストップします。

 

中国経済は地方からの出稼ぎ労働者が中心なので、地方から出稼ぎに来ている労働者だちは、旧正月の1週間前から帰り始め、旧正月の1週間後くらいに職場に戻ってくる為、経済活動がストップするのです。

 

中国輸入ビジネスなどをやっている場合は、旧正月期間中は仕入れる事も出来なくなりますし、仕入先への問い合わせなども出来なくなりますので、事前に把握しておきましょう。

続きを読む

中国輸入=安売り大会なのか?

いろいろなブログや本、雑誌、DVDなどで簡単に輸入ビジネスについて勉強する事が出来る素晴らしい時代なのですが、

その反面、誰でもスタート出来るように作業がテンプレート化されており、ビジネスの本質を理解しないで、みんながみんな言われた通りに同じ事をするので、コーラの安売り大会のような状況です。いつまで、こんな肉体労働のようなビジネスを続けるつもりですか?

続きを読む

中国輸入で悪徳な代行業者を使うと儲かるデータが盗まれる?

一般的な中国輸入といえば、タオバオで商品を見つけて、代行業者に依頼して、商品を受け取る。日本語だけで完結するこの流れが一般的なのですが、

代行業者を利用する際のデメリット・リスクも認識しておく必要があります。少し前、中国人の業者と話したときは、一部の業者は代行を依頼された儲かる商品リストを基に自社でamazonへ納品またはデータの転売をやっている所もあるそうです。他にもいくつかデメリットがあるのでご紹介します。

続きを読む

輸入ビジネスをやっている個人の2015年、確定申告に役に立つ基本的な知識

今年もやってきました。2015年は2月16日から3月16日までが、確定申告の期間です。

基本的には少しでもネットビジネスで収入があるのであれば、確定申告をする必要がありますので、売上・経費などをしっかり管理しておきましょう。

確定申告をしなくてバレた場合は、何%か追加で払わされる事になります。

続きを読む

「中国輸入せどらー」タオバオ→Amazonを自動化!外注不要の時代?

ビジネス仲間から、一通のメールが届いたので見てみると、「中国輸入系で面白いツールが出た」との事でした。わかりやすく説明すると、タオバオに登録されていて、Amazonで売れている同じ商品を自動でGoogle画像検索を利用して見つけ出し、フィルタリングも出来る時間短縮ツールです。

続きを読む

3タイプに分かれる中国輸入での販売方法とは?

中国輸入で仕入れた商品をAmazonで販売する場合、3つの販売方法に分ける事が出来ます。1相乗り販売。2横取り販売。3新規販売。相乗り販売が一番、難易度が低く3の新規販売が難易度が高いです。

色々な販売方法がある事を知っておくだけで、状況に応じて柔軟な対応出来ますので、ぜひ知っておいてください。

続きを読む

3月31日でメール便、廃止。代わりはクリックポストがオススメ!

ついに、2015年3月31日でメール便の廃止が決まりました。利用しているユーザーが多いだけに、これからこのサイズをどうやって送るか?どうやって送ってもらうか?不安ですね。

 

薄くて小さな荷物をポスト投函する似たようなサービスも始めるようですが、事前の契約が必要であったり、料金が発表されていないだけに、これからどうなるのか予測出来ません。

続きを読む