AmazonSEOで大切な「キーワード」の選び方




この記事は、Amazonでアクセスアップ(売上UP)の為に重要な「キーワード選び」について知りたい!という方向けの記事です。この記事を読む事で、どんなキーワードを選べばアクセスが増えるのか?どんなキーワードを選べば売り上げがアップするのか?という事が理解出来ます。

 

どんなキーワードを選べば良いのか?

(検索数が多いキーワード)(購買意欲が高いキーワード)(競合が少ないキーワード)これらを意識しながらキーワードを選ぶとアクセスアップ&売上アップが見込めます。

 

検索数が多いキーワードを見つける方法

ユーザーがWEBで検索しているキーワードを知る為には、Amazonのサジェスト結果とGoogle広告のキーワードプランナーを使うと、検索されているキーワードを知る事が出来ます。

 

Amazonサジェストを活用

検索ボックスにサジェストを表示させたいキーワードを入力すると、サジェスト結果が表示されます。ここに表示されるキーワードは、ユーザーがAmazonのサイト内でよく検索しているキーワードですので、ここに表示されるキーワードで検索上位に表示させる事が出来れば、アクセスアップが見込めます。

 

基本的に、上部に表示されるキーワードがよく検索されているキーワードです。

 

 

Amazonサイト内では、サジェスト結果は10件までしか表示されませんが、KOUHI.JPのような外部サービスを使えば、さらに多くのサジェストワードを取得する事が出来ますので使ってみてください。

 

上記画像の場合は、「充電ケーブル」「ケース」「ガラスフィルム」「イヤホン」これら4つのキーワードを含めたキーワードで検索されている事がわかるので、仮に充電ケーブルを販売しているのであれば、

「iphone 」「充電ケーブル」というキーワードが商品を表すメインキーワードという事は、わかると思うので「iphone 充電ケーブル」で検索して表示される3語目のサジェストを拾うようにしましょう。

 

 

2m・3mという長い充電ケーブルを探しているユーザーが多い事がわかるので、充電ケーブルが3mであれば、タイトル・商品説明・詳細キーワードに3mというキーワードを含める事で、アクセスアップ&売上アップが見込めるという事がわかります。

 

 

Google広告のキーワードプランナーを活用

Googleアドワーズで広告を出すユーザーの為に、Googleがキーワードプランナーというツールを用意しています。このツールを使う事で、Googleで検索されているキーワードを知る事が出来ます。

 

Amazonサジェストの場合は、商品を購入する気で検索しているユーザーのキーワードがほとんどですが、Googleキーワードプランナーの場合は、商品を購入する気がないユーザーの検索キーワードも表示されるという点に注意が必要です。

 

それでは、Googleキーワードプランナーで検索ワードを探してみましょう。Google広告にアクセスします。Googleアカウントがあれば、すぐに利用開始出来ますので、アカウントを持っていない場合は、作成しましょう。≫Googleアカウント作成方法

 

ログインしたら右上に表示されるツールをクリックしてキーワードプランナーをクリックします。

 

新しいキーワードを見つけるをクリックします。

 

今回は、「iphone 充電ケーブル」というキーワードを元に他に検索されている関連ワードを探してみます。

 

検索結果が表示されたら、「月間平均検索ボリューム」をクリックして検索が多い順に並び替えましょう。

 

関連ワードを見ると、「アイフォン 充電」「アイフォン ケーブル」「iphone コード」といったキーワードでも検索されている事がわかるので、タイトルや商品説明などに、「アイフォン」「ケーブル」「コード」というキーワードを含める事で、アクセスアップが見込めるという事がわかります。

 

このようにGoogleキーワードプランナーを使う事で、Amazonサジェストに表示されないキーワードを見つける事が出来るので、使ってみてください。

 

競合が少ないキーワードを選ぶ

Amazonの場合は、長い期間販売している商品はSEO的に強いので、キーワードを選ぶ際は、競合が少ない・弱いキーワードを選ぶようにしましょう。例えば、「iphone7」と「アイフォン7」は同じ商品の事を表しますが、検索結果は違います。

 

Googleのキーワードプランナーで見ると、iphone7の場合は、1か月に「91,520回」表示されていますが、アイフォン7だと「26,695回」しか表示されません。

このように英語、カタカナという違いだけでも検索数は大きく変わりますし、競合の有無も変わってきます。他には、「充電ケーブル」と「充電コード」この2つは、同じ商品の事を表すキーワードですが、検索数・競合は変わってきますので、キーワードを選ぶ際は、検索回数や競合を確認しながら選ぶようにしましょう。

 

キーワードに関する注意点

キーワードをたくさん詰め込めば良いのか?答えはNOです。商品とは関係ないキーワードを詰め込む行為は、検索順位の低下などSEOに悪影響を与えるので注意しましょう。

 

商品とは関係ないキーワードを詰め込む

今回のページでサンプルとして出てくる「iphone 充電ケーブル」のページに、「iphone ケース」のような商品とは関係ないキーワードを入れるとどうなるでしょう?

 

「iphone ケース」というキーワードで検索したユーザーの検索結果に表示されるかもしれませんが、「iphone ケース」で検索したユーザーは、「ケース」を探しているので「充電ケーブル」には興味がなく表示されたとしてもクリックされません。

 

表示されるけどクリックされないという事は、SEOに悪影響を与えるので順位が下がります。仮にクリックされたとしても、「ケース」で検索したユーザーが「充電ケーブル」を購入する可能性は低いので、アクセスされたけど購入されないこれも検索順位を下げる要因となります。

 

Amazon内で、商品とは関係ないキーワードを詰め込んで良いことは何1つありませんので、関係ないキーワードは使わないようにしましょう。

 

さいごに

以上がAmazonで商品を販売する際のキーワード選定方法です。検索されているキーワードを入れる事。関係ないキーワードを入れない事。この2つを意識してキーワードを選んでいけば、アクセスアップに繋がりますし、結果として売上もアップしますので、ぜひ記事を参考にキーワードを選んでみてください。

 

関連記事

AmazonでSEO対策をして検索上位を独占する方法!

AmazonSEOに強くて「売れるタイトル」の付け方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Take it easy - 気楽にいこうぜ!人生1度きり。楽しんだもん勝ち。1990年4月3日生まれ、28歳。サッカー、釣り、サーフィン好き。18歳から5年間世界を旅するバックパッカーになり帰国後、10万円の資金で輸入ビジネスを開始、たったの6ヶ月で月収100万円達成。1年で総売り上げ8000万円超え、最高月商718万円。情報発信では、3ヶ月目にして月収100万円を突破。経済的/場所的/時間的自由を手に入れようとしている方や効率良くお金を稼ぎたいと考えている方向けにブログを更新しています。