Aliexpress(アリエクスプレス)での仕入れに向いている商品、向いてない商品




この記事は、Aliexpressで商品を仕入れてみたい。Aliexpressで商品を仕入れるかアリババなどの他のサイトで仕入れるか悩んでいる。こんな方向けの記事です。

 

結論を言うと、小ロットで仕入れたい、サンプルとして頼んでみたい、すでに完成された商品を仕入れたい。こんな風に考えている人には、アリエクスプレスでの仕入れをオススメします。

 

この記事を読めば、Aliexpressで仕入れるべきか、alibabaなどの他のサイトで仕入れるべきか判断出来るようになので、ぜひ参考にして下さい。

 

Aliexpress

Aliexpressで仕入れ可能な商品を見る

 

〇 Aliexpressでの仕入れに向いている商品

小ロット、サンプルとしての仕入れ、完成品これらの商品は、Aliexpressでの仕入れに向いている商品と言えます。それぞれの項目を細かく見ていきましょう。

 

注文数が少ない(小ロット)

Aliexpressの良い所として、Amazonや楽天で商品を購入するように、1点から商品を購入できる。という点があります。資金が少なかったり、テストでの仕入れを行いたい場合は、1点から商品を購入出来るAliexpressがオススメです。

 

 

 

商品ページによっては「$12以上の買い物をすると、$1安くなる」「$25以上の買い物をすると、$2安くなる」といったクーポンを設定しているページもあるので、注文数が多いけど、alibabaや1688.comを使うまでの数量じゃない・・・といった場合は、クーポンを活用したり、積極的に販売者に価格交渉してみましょう。

 

サンプルとしての仕入れ

同じような商品でも工場が違うと、仕様が異なっていたりします。色んなメーカーの商品を仕入れてみて、どのメーカーの商品が高品質なのかを見極めるには、1点から気軽に注文できるAliexpressが便利です。

 

Aliexpressの販売者は、工場から仕入れをして販売している商社が多いので、Aliexpressで仕入れた商品をアリババで仕入れれば、さらに安く買えます。まずは、Aliexpressで仕入れてみて、売れ行きが良ければ、アリババで数量を多く注文し、さらに安く仕入れるという使い方にもオススメです。

 

完成品

アリエクスプレスは、完成された製品の仕入れに向いています。1から商品を作りたい。ここをカスタマイズしたい。といった要望がある時は、アリババを使って工場と直接交渉したほうが、スムーズですし安く作れます。

 

× アリエクスプレスでの仕入れに向いてない商品

ロット数が多い、オリジナルの商品を作りたいといった場合には、Aliexpressでも実現可能ですが、割高になる事が多いので、アリババや1688.comを使うようにしましょう。

 

ロット数が多い

商品の種類や単価にもよりますが、感覚的には1商品あたり50個くらいの注文数であれば、aliexpressよりもalibabaで仕入れたほうがお得なケースが多いように感じます。alibabaのサイトを見ても最低注文数を50個~で設定しているセラーも多いので、1商品あたり50個を超えるようになってきたらalibabaで見積もりを取って比較してみましょう。

 

オリジナルの商品を作りたい

あなただけのオリジナル商品を作りたい場合や既存商品をカスタマイズしたい場合は、Aliexpressで依頼すると割高になる事が多いので、アリババで工場に直接依頼しましょう。(あなた ー-> アリエクスプレス(商社)ーー> 工場)という流れになるので、スピード感にも欠けます。

 

アリエクスプレス以外での仕入れ先

Aliexpress以外の仕入れ先も掲載しておきます。Aliexpressで商品が見つからない場合は、価格が高い場合は、他のサイトでもチェックしてみましょう。

 

1688.com

工場が法人向けに直販するアリババの個人向けサイトといった感じです。サイト内は全て中国語です。alibaba.comと同じような価格かさらに安い価格で購入可能ですが、販売者は基本的に中国語しか喋れませんし、Alipayでしか決済出来ないので、基本的には代行業者を通して仕入れる事になります。代行業者を通すと、手数料で仕入れ値が上がるので1688.comの利用は、オススメしません。

https://www.1688.com/

 

alipayは中国の銀行口座が無いと開設すら出来なかったのですが、中国の銀行口座無しでAlipayのアカウントを作成する方法が公開されていましたので、リンクを貼っておきます。

 

alibaba

工場と直接取引可能で、法人(大口個人)向けのサービスです。サイト内は英語なので、中国語の1688.comよりもわかりやすいです。販売者との連絡も英語で可能です。ある程度ロット数が多ければ、Aliexpressよりも安く購入可能ですし、1から商品を作ったりする事も出来ますので、注文数が多い場合は、alibabaの利用も検討してみましょう。

https://www.alibaba.com/

 

ebay

Aliexpressよりもebayで買うほうが安い事があります。ebayには中国人セラーもたくさん出品しているので、Aliexpressだけでなくebayの価格も比較するようにしましょう。

https://www.ebay.com/

 

Aliexpress、他の仕入れサイト上手に使い分けよう

Aliexpressにもメリット・デメリットがありますので、仕入れる商品やロット数に応じて上手に仕入れサイトを使い分ける事が出来るようになると、さらに利益を出しやすくなります。

 

関連記事

Aliexpressで商品が届かない等のトラブル解決集
個人でも仕入れ可能な海外の卸問屋& ECサイト
個人が輸入ビジネスで起業する為に必要な14のポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Take it easy - 気楽にいこうぜ!人生1度きり。楽しんだもん勝ち。1990年4月3日生まれ、28歳。サッカー、釣り、サーフィン好き。18歳から5年間世界を旅するバックパッカーになり帰国後、10万円の資金で輸入ビジネスを開始、たったの6ヶ月で月収100万円達成。1年で総売り上げ8000万円超え、最高月商718万円。情報発信では、3ヶ月目にして月収100万円を突破。経済的/場所的/時間的自由を手に入れようとしている方や効率良くお金を稼ぎたいと考えている方向けにブログを更新しています。