外注に相場よりも高い報酬を払う理由とフリーランサーに対する「感謝」の意識について




外注しているフリーランサーが満足する報酬を払っていますか?少し高いかも・・・と思うくらいの金額を支払う事で良い仕事をしてもらえるようになり、売上がアップします。さらにフリーランサーと長期のパートナーとなれるので、新しい外注先を探すといった無駄な手間も省くことが出来ます。

 

外注さんとの向き合い方に興味があれば、ぜひ、あなたも少し高めの報酬を払ってみて、ビジネスがどう変わるのかを検証してみてください。

 

外注に相場よりも高い報酬を払う理由

  • レベルが高い人が集まる
  • 仕事を辞めずに継続してくれる
  • 2度手間を省ける

 

外注を始めた最初の頃は、どうやれば安い金額で仕事を外注できるか?どうすれば支払う金額を下げれるか?という事ばかり考えていましたが、能力が高い外注先を見つける事が出来ず、見つけても長期で仕事をしてもらえる事はありませんでした。

 

そこで、あえて高い報酬を払ってみると、能力が高いフリーランサーが集まり、継続して仕事をしてくれるようになりました。さらに、外注選定の手間も減り売り上げも大きくアップしましたので、ぜひあなたも高めの報酬設定を試してみてください。

 

レベルが高い人が集まる

 

仕事が出来る人ほどリピート案件などを抱えており、忙しいので、時間を安売りする必要がありません。評価も高く、報酬も高額な場合は、仕事が出来るフリーランサーである可能性大です。ただし、あまりにも高額な場合は、ボッタクリの可能性もあるので、相場の1.5倍~2倍を目安にしましょう。

 

クラウドワークスの場合は、このように相場の時給が表示されますので、1.5倍を目安に設定すると、能力が高い人からの応募が増えます。

 

仕事を辞めずに継続してくれる

相場よりも高い時給や価格で仕事を依頼すると、フリーランサーからすれば、良いクライアントなので、これからも一緒に仕事がしたいと思ってくれます。色んな案件に応募して、めちゃくちゃな事を要望してくる地雷クライアントに当たるくらいなら、報酬も高額でクレームも少なくスムーズに仕事が出来る相手と組みたいと思いますよね。

 

1人のフリーランサーと長く仕事をする事で、その人が得意な事、スピード感、性格などもわかりますので、余計な手間なしで、スピーディーに仕事を進める事が出来ます。

 

儲かるビジネスをやっているという証拠

少し高額な報酬を払ってでも利益が出るビジネスモデルでなければ、長続きしません。相場よりも安い金額で依頼しないと利益が出ないビジネスは、すぐに破綻します。相場よりも多めの報酬を払う事が難しいかも・・・と思った場合は、ビジネスモデル自体を見直すようにしましょう。

 

2度手間を省ける

ケチって安いフリーランサーに依頼すると、思い通りの仕事をしてもらえず、再度違う人に依頼する必要があったりします。体験談ですが、システム・ソフトウェア関係などで、完成して動き始めたものの、最初の設計・仕様がいい加減だったので、後から大量の手直しが発生した事があります。

 

自分でたくさんの外注さんに依頼してきたからこそわかる事ですが、ケチって安い外注さんに依頼すると二度手間になるので、少し高額でも、仕事が早く・丁寧でスキルが高い人に依頼する事をオススメします。

 

フリーランサーに対する感謝の気持ちを大切に

  • 報酬で感謝の気持ちを示す
  • ある程度は許してあげる
  • ちょっとした贈り物など

 

報酬で感謝の気持ちを示す

お金を払う=感謝の気持ちと考える事も出来ます。高い報酬を払う行為は「ありがとう」と伝えるより何倍ものインパクトで感謝の気持ちを伝える事が出来ます。良いフリーランサーほど、高い報酬を受けた場合、期待以上の仕事をしなければ!という気持ちになるので、報酬を高めに設定する事でお互いにとってプラスになる事があります。

 

高い報酬を払っても、金額に見合う仕事をしてもらえない。相手が感謝していない場合は、悪いフリーランサーの可能性大なので、違うフリーランサーを探してみましょう。

 

ある程度は許してあげる

多少のミスや納期の遅れなどであれば、許してあげましょう。フリーランサーの事を信頼して感謝していれば、多少の事は許してあげる事が出来るでしょう。仕事をする側としても、細かい事をイチイチ言ってくるクライアントよりも、細かい事は気にせず純粋に結果を評価してくれるクライアントと仕事をしたいと思うでしょう。

 

ちょっとした贈り物など

外注さんに贈り物って意外かもしれませんが、一緒に長く仕事をしてくれている外注さんには、家族や友達にプレゼントを贈るように旅行のお土産や美味しいものなどを定期的に贈るように心がけています。贈られる側としては、内容や金額よりも、考えてくれている事を嬉しく思いますよね。

 

全ては感謝する事

仕事を依頼する側、仕事を受ける側、共に感謝の気持ちを持って仕事が出来れば、最高の仕事が出来るはずです。ここに書いた事以外でも感謝の気持ちを伝える方法はたくさんあるので、あなたなりに考えてみてください。外注だからといって搾取するのではなく、大切なパートナーという意識を持って接してみましょう。あなたのビジネスも大きく成長するはずです。

 

外注さんを探すならランサーズがオススメです。仕事が出来る人が多く、クラウドワークスよりも「感謝の気持ち」を持って仕事をしてくれる人が多いように感じます。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Take it easy - 気楽にいこうぜ!人生1度きり。楽しんだもん勝ち。1990年4月3日生まれ、28歳。サッカー、釣り、サーフィン好き。18歳から5年間世界を旅するバックパッカーになり帰国後、10万円の資金で輸入ビジネスを開始、たったの6ヶ月で月収100万円達成。1年で総売り上げ8000万円超え、最高月商718万円。情報発信では、3ヶ月目にして月収100万円を突破。経済的/場所的/時間的自由を手に入れようとしている方や効率良くお金を稼ぎたいと考えている方向けにブログを更新しています。