マイニングで利益を出す為には、どのグラボ(GPU)を使えば良いの?

仮想通貨をマイニングして報酬を得る為に、最も重要なパーツとなるのがグラフィックボードです。本来グラフィックボードは、高画質な映像を出力したりPCゲームを滑らかに表示させる目的で使用されるのですが、グラフィックボードは、演算能力が優れているので高速な計算が必要となるマイニングにも利用されているのです。

 

仮想通貨では、それぞれのコインで採用しているアルゴリズムが違うので、相性が良いグラボ、相性が悪いグラボがあります。RADEON系のグラフィックボードは、イーサリアムなどの計算を得意としますが、SIACOIN、ZCASHなどの計算は苦手です。反対にGeForce系はイーサリアムは苦手ですが、SIACOIN/ZCASHの計算は得意としています。

 

このようにグラフィックボードの種類や型番によって、得意なコインがあったり、マイニングに向いている・向いてないなどがあります。RADEON系がROI=投資してから回収までの期間が短い為、人気ですが、このブログではGeForce系をオススメしています。

 

また、このページではイーサリアムをマイニングをするという前提で解説していきます。

 

RADEON系のグラボについて

AMDが出しているRADEONですが、一般ユーザー、ゲームユーザーからの人気はありませんが、少ない消費電力、発熱で効率良くマイニング出来るという事で注目が集まっています。ゲームには向いていませんが、動画再生には向いているという特徴もあります。

 

昔からRADEONは、上級者向けのグラボでコスパが良いという事で有名でしたが、今回もコスパが良いマイニングパーツとして注目を集めています。

 

nicehashのシミュレーターを使って、どのグラボのコスパが良いかを調べていきます。電気代は0.22USD・1ドル=110円換算でオーバークロックなどしない状態でのパフォーマンスです。

 

  • AMD RX460 4GB 年間+21,228円 ROI 246日
  • AMD RX470 4GB 年間+60,500円 ROI 146日 ★
  • AMD RX480 8GB 年間+65,010円 ROI 154日
  • AMD RX550 4GB 年間+21,091円 ROI 190日
  • AMD RX570 4GB 年間+49,189円 ROI 204日
  • AMD RX580 4GB 年間+45,951円 ROI 227日
  • AMD RX580 8GB 年間+51,544円 ROI 234日

 

nicehashのシミュレーターによると、RX470 4GBが最も回収期間が短いという事になりますが、RX470、RX480系は在庫がほとんど無く、今後の生産も少ないようなので、在庫があるRX570 4GB/RX580 8GBが現状でオススメのRADEON系グラボになります。

 

GIGABYTE ビデオカードRadeon RX570搭載 GV-RX570GAMING-4GD
http://amzn.asia/2T94fvN

 

MSI Radeon RX 580 GAMING X 8G グラフィックスボード VD6329
http://amzn.asia/9iqHB8i

 

GEFORCE系のグラボについて

先ほど紹介したRADEON系に注目が集まり、世界中でRADEON系のグラボが在庫切れになった後、注目され始めたのがGEFORCE系のGTX-1060/1070/1080などです。RADEON系と比較するとイーサリアムのマイニングでは、効率も悪く、パーツ代も高いのですが、SIACONやZCASHなど違うアルゴリズムのコインであれば、効率良くマイニング出来ますし、信頼性も高く、ゲーマーがグラボを選ぶ際はGEFORCE系一択と言っても過言では無いくらい人気のグラボです。

 

一般ユーザーやゲーマーからの人気もあるので、マイニングで利益が出なくなってパーツを売却する際も高値で売却出来るというメリットがあります。現状マイニング需要があるので、RADEON系も高値で売れていますが、マイニング需要が終わった時に、高く売れるのは圧倒的にGEFORCE系ですので、売却まで考えた時には、オススメ出来るグラボです。

 

RADEON系と同じように、nicehashのシミュレーターを使って、どのグラボのコスパが良いかを調べていきます。電気代は0.22USD・1ドル=110円換算でオーバークロックなどしない状態でのパフォーマンスです。

 

  • NVIDIA GTX-1060 6GB 年間+51,122円 ROI 196日
  • NVIDIA GTX-1070 6GB 年間+76,268円 ROI 211日
  • NVIDIA GTX-1080 6GB 年間+82,187円 ROI 244日

 

RX470 480系には勝てませんが、570/580系とパーツ代回収までの期間もあまり変わりません。ここで注目してほしいのは、年間の収支です。GTX-1080の場合、年間で+82,187円の想定収益となっています。マイニングする期間が長いほど、GTX系のほうがコスパに優れていると言えます。

 

イーサリアムは、2017年末にPoWからPoSという仕様に変更されるという噂があるので、PoSというシステムに変わると、イーサリアムのマイニングで利益を出す事が難しくなります。RADEON系が不利になる可能性があります。GEFORCEのグラボを持っておけば、このような場合でも、マイニングで利益が出せる他のコインがたくさんあるので、オススメのグラボとして紹介しています。

 

グラボ収益比較表

累計の利益額を24か月分表示しています。比較表を見て頂ければわかりますが、時間が経つごとにGTX-1080 / GTX-1070 が大きな収益を生み出している事がわかります。2年以上マイニングする予定であれば、GTX-1080 /1070も素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれるグラボと言えます。

 

これからマイニングビジネスに参入しても儲かるの?

2020年頃までは仮想通貨の高騰により利益が出る状態が続くと予想しています。基本的に採掘難易度が上がっていく仕組みが導入されていて、極端な例を言うなら1日目10枚、2日目9枚、3日目8枚。このように獲得出来るコインは日に日に減っていきますが価格が上がっていけば、利益を出し続ける事が出来ます。

イーサリアムの採掘難易度と価格のチャートを載せておきます。

 

イーサリアム採掘難易度のチャート

参考サイト:https://etherscan.io/chart/difficulty

 

イーサリアムの価格チャート

参考サイト:https://www.worldcoinindex.com/coin/ethereum

 

価格が上昇するとマイニングする人が増えるので、採掘難易度も上がっている事がわかります。イーサリアムに関しては2017年末でマイニング出来なくなると言われているので、それ以降はSIACOIN/ZCASH/DCRなどその時に利益が出るコインをマイニングする必要があります。

 

John McAfeeも2017年6月にマイニングを開始

ウイルス対策で成功を収めたJohn McAfeeもつい最近イーサリアムのマイニングを開始しています。参考:https://www.businessinsider.jp/post-34620

 

2020年中に1BTC=500,000USDまで到達するという予想を出しています。110円で換算すると、1BTC=5500万円です。

 

この記事を書いている2017年9月1日時点では、1BTC=50万円ですので、約110倍まで上がるという事になります。2009年時点では、ほとんど0円に近い状態でしたが、2010年に1BTC=1円の値が付きました。

 

2010年から7年の期間で50万倍、価格が上昇しているという事になります。この時に1000円分のビットコインを買っていた人は、今も持っていれば5億円を手に入れているのです。

参考:https://jpbitcoin.com/about/history_price

 

2020年1BTCいくらになっているのか?

シナリオ1

  • 3月 1st 2018 – $8,950 per 1 BTC
  • 3月 1st 2019 – $68,059 per 1 BTC
  • 3月 1st 2020 – $517,536 per 1 BTC
  • 3月 1st 2021 – $3,935,454 Per 1 BTC

1BTC=5700万円

 

シナリオ2

  • 3月 1st 2018 – $5,403 per 1 BTC
  • 3月 1st 2019 – $24,699 per 1 BTC
  • 3月 1st 2020 – $112,699 per 1 BTC
  • 3月 1st 2021 – $516,115 Per 1 BTC

1BTC=約1200万円

参考:https://bitcointalk.org/index.php?topic=1819531.0

 

2017年9月で$5,000を達成しそうな勢いですので、シナリオ1通り2018年に$8950 2020年に$517,536を達成する可能性も十分にあります。そうなるとマカフィーとほとんど同じ予想になります。

 

2020年1BTC=250,000(2750万円)の予想

参考:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-price-will-hit-250000-by-2020-if-seven-year-trend-continues

 

海外のサイトでは、2020年に1BTC=1000万円〜5000万円という予想が多いように感じます。個人的には2020年で1BTC=2000万円くらいかな?と予想しています。

 

1GPU、4GPU、8GPU、13GPUによる収益差

マザーボードによっては、最大で13枚までグラボを搭載可能です。1台のPCに出来るだけ多くのグラボを載せてマイニングする事で、グラボ1台あたりの初期費用を抑える事が出来ます。

ここでは、グラボ5万円、グラボ以外のパーツ代が、下記の通り合計8万円とします。

  • マザーボード2万円
  • CPU1万円
  • メモリ1万円
  • OS1万円
  • SSD1万円
  • 電源1万円
  • その他パーツ1万円

合計8万円

 

グラボ1枚の場合:5万円+8万円=13万円
グラボ1枚あたり13万円の初期費用という事になります。

グラボ4枚の場合:20万円+8万円=28万円
グラボ1枚あたり7万円の初期費用という事になります。

グラボ8枚の場合:40万円+8万円=48万円
グラボ1枚あたり6万円の初期費用という事になります。

グラボ13枚の場合:65万円+8万円=73万円
グラボ1枚あたり5.6万円の初期費用という事になります。

 

このように1台に搭載するグラボの数が増えるほど、グラボ1枚あたりの初期費用が安くなります。オススメはグラボ8枚か13枚です。2017年末にはグラボを19枚搭載出来るマザーボードが登場するという噂もあります。

 

月収100万円の不労所得を実現する為に必要なマシンの数と投資額

マイニングビジネスなら副業として月収100万円の不労所得を生み出す事は十分に可能です。弊社で制作・販売をしているマイニングマシンで月収100万円を達成する為に必要な投資額を紹介します。

 

7GPU イーサリアム マイニング マシン リグ PC 販売 Ethereum 210MH/s GeForce GTX-1070 | LAZYMINER on the BASE
8月29日時点:想定年間ROI(148%)すぐにイーサリアムのマイニングがスタート出来る組み立て済みマイニングPCの販売です。こちらは、グラフィックボード7枚のマイニングPCですので、ハッシュレートは約210MH/sとなります。組み立て、設定など全て済んでいるので、到着後、電源を入れるだけでイーサリアムのマイニングを開始出来ます。【スペック】消費電力:約900W ハッシュレート:約210MH/s8月29日時点:想定年間ROI(148%)電気代1Kw/h22円として1カ月約47,410円の利益※レートや採掘難易度で毎日変動します。※イーサリアムの価格が上昇すれば、ROIも高くなります。※消費電力・ハッシュレートなどは+-10%動く場合があります。1、マザーボード Z270-A×12、グラフィックボードGTX-1070×7 ASUS/MSI/GIGABYTE3、CPU G4400×14、メモリ16GB×15、SSD120GB×16、電源1000W×2(GOLD認証)7、OS Windows10 64bit8、PCI-E変換アダプタ×79、木製フレーム×1パーツの売却が出来るように、空箱も商品と一緒にお送りします。【安心の動作保証】販売するマイニングPCは、1週間以上安定して動作する事を確認して出荷致しますので注文から発送まで10日~14日のお時間を頂いております。動作確認不要の場合は、組み立てが完了次第、発送可能ですがサポートを受けることが出来なくなります。ご希望の場合は、お伝えください。【3カ月のサポート期間】TeamViewerという遠隔操作ソフトをインストールして発送致しますので、何か不具合が発生した際に、遠隔でのサポートを受ける事が出来ます。PCパーツなどの故障による物理的な故障の場合は、送料はご負担頂きますが、弊社にお送り頂ければ保障の適用、パーツ交換などの対応を致します。※遠隔サポートが不要な場合は注文時にお伝えください。【24時間365日マイニング可能】マイニングPCで電源が落ちた場合や再起動させた場合も自動でマイニングのシステムと遠隔操作システムが起動するように設定してお送りします。【パーツを売却可能】こちらのマイニングPCでは、一般のユーザーが使用するPCパーツで構成していますので、マイニングを辞める時には、パーツを売却する事が可能です。パーツを50%で売却すると仮定した場合、実質50%のコストでマイニング出来る事になります。この商品の場合約22万円が実質的なコストとも言えます。売却代金も考慮すると、568,920円(想定マイニング報酬)+287,400円(パーツ代)=856,320円 年間ROI148%となります。【ディスカウント】複数台をまとめて購入する場合は、お値引き可能ですので購入前にお問い合わせください。【カスタマイズ】あなたの予算に応じて最も効率の良いマイニングPCを作成する事も可能です。20万円~可能ですのでご相談ください。

GTX-1070を7枚搭載したマイニングPCです。2017年9月2日時点、1ヶ月で約47,000円の利益を出す事が出来ています。nicehashを使った場合は、45,622円の利益となっています。

GTX-1070 1枚あたりの利益59.25USD * 7枚=414USD(45,622円)

 

不労所得の月収100万円を達成する為には、約22台のマイニングリグを動かす必要があります。1台57万円ですので、1254万円の投資で、毎月約100万円の不労所得を生み出す事が出来ます。

 

22台動かす場合は、200〜300Aに上げる電気工事も必要ですので、マイニングPC以外にも約100万円の経費が必要です。1254万円(PC)+100万円(その他)=1354万円

1254万円(想定収入)÷1354万円(初期費用)=92.61%(年間利回り)

 

銀行の定期預金なら年利0.01%
不動産の優良物件でも年利20%
ハイリスクのクラウドファンディングでも年利10%

 

円換算で計算していますが、マイニングするとビットコインやイーサリアムなどのコインが報酬としてもらえるので、そのまま仮想通貨で保有しておき、値上がりを待って売却すれば、さらに大きな利益を生み出す事が出来ます。

 

nicehashでマイニングしてビットコインを獲得した場合

GTX-1070:1枚あたりの利益=年間0.146BTC 7枚の場合=年間1.02BTC
【22台の場合、年間=22.48BTC×2年間=44.96BTC】

 

獲得したビットコインを売却せずにそのまま保有していたとして、シミュレーション1通り、2019年末に1BTC=748万円まで上がっていた場合、3.3億円の利益。シミュレーション2のように、2019年末に1BTC=271万円まで上がっていた場合、1.2億円の利益。

 

2020年まで保有していてシミュレーション1の場合、1BTC=5690万円*44.96BTC=23億円。シミュレーション2の場合、1BTC=1239万円+44.96BTC=5.5億円

 

  • シミュレーション1、2019年売却=3.3億円の利益
  • シミュレーション2、2019年売却=1.2億円の利益
  • シミュレーション1、2020年売却=23億円の利益
  • シミュレーション2、2020年売却=5.5億円の利益

 

このような利益を出せる可能性も十分にあるという事です。ただし、採掘難易度の上昇やシミュレーション通りに価格が上昇しない可能性もあるので、2020年までマイニングを続けて2020年に売却でシミュレーション2の10分の1である5500万円くらいの利益が出ると考えておくと固いかな?と思います。

 

5500万円(3年間の想定収入)÷1354万円(初期費用)=400%÷3年間=135%(年間表面利回り)年間135%の利回りが出せれば素晴らしい投資と言えます。また、電気代は1kw/h=22円で計算していますが、パーツの売却代金や税金、人件費などは考慮していませんし、あくまで予想で利益を保証するものではありませんので、ご注意下さい。

 

さいごに

弊社でも数千万円をマイニング事業に投資していますし、マイニング工場の拡大も計画中です。非常に将来性があるビジネスだと確信していますので、マイニング仲間が増えて、一緒にニューリッチになれると想像するだけでワクワクします。お気軽にご相談下さい。自作したりプログラムを組むのが難しいと感じる方は、多少割高ですが弊社で販売している組み立て済み、動作保証付きマイニングPCもご用意しています。

 

LAZYMINER on the BASE
マイニング リグ PCの完成品やマイニングに関連するパーツなどを販売しています。

組み立て・設定済みでボタンを押すだけでマイニングが開始出来るPCを販売しています。

 

マイニングに関するお問い合わせやコンサルティング、マイニングファームの構築、高圧受電設備(キュービクル)取材などに関しては、こちらのフォームよりお問い合わせ下さい。

 

Tips are appreciated. Here’s my Addresses この記事が役に立ったと思ったら、少額で構いませんので寄付を頂けると、さらに有益な仮想通貨・マイニングに関連する記事を提供出来ます。


bitcoin : 1D3KL9aTperPLw3jtLBBNxeVPysroLDkDv
bitcoin cash :1EmxU9ctLmZL6Rmor2zd57nueehqeS1MWf
litecoin : LWq8FFoU8bnwtUjszgPuvZpiSWdSR1rDiR
ethereum : 0xb8b7c0a2f4acb3667f180549c62236afe3d2b631
ethereum classic : 0xdec46ffc56a176ac6a4829cbbd6e4d8fb984c63e
decred : DsjiAobHwXJU4dxHhjfy8qAxPzjtjKTNxUp
factom : FA2GbXocKcZghmTfKxX8X1k4skbAYpMuNn2VVNxjrXpC8RY9vqwR
golem :0x9bb0915320f80ffb040a9bf24b1c1f03ee041bdb
lisk : 12755780118573192481L
NEM : dcac84b70a084abd
burstcoin : BURST-4DCV-JZ33-3RP5-GVT4H
storj : 15pY8vnZJMQMTcRm3Tj8DSDp7D19Xn3t2s
dash : Xca5aUSm1ig4HFd9opd7tLACMqSKc4jezp
ripple : rwnZBdiPKpJdPbz1aMjMqNCFBF4BNusBao
zcash : t1RMQLV1iDh9g5oaJrMVYemz9og83EW34zF
monero:4JUdGzvrMFDWrUUwY3toJATSeNwjn54LkCnKBPRzDuhzi5vSepHfUckJNxRL2gjkNrSqtCoRUrEDAgRwsQvVCjZbRwiDk1GW7LULRyWyCT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1990年4月3日生まれ、26歳。サッカー、釣り、サーフィン好き。18歳から5年間世界を旅する、バックパッカーになり帰国後、10万円の資金で輸入ビジネスを開始、たったの6ヶ月で月収100万円達成。総売り上げ8000万円超え、最高月商718万円。情報発信では、3ヶ月目にして月収100万円を突破。2014年11月株式会社フリームーブメントを設立。