個人が輸入ビジネスで起業する為に必要な14のポイント

輸入ビジネスで起業または、新規事業を構築しようとしているけど「何をすれば良いのか?」「知っておくべきことは?」「副業でも出来るの?」と不安な事だらけですよね。

 

個人事業主として資金5万円から中国輸入ビジネスを初めて、4年目で法人化を達成した私が輸入ビジネスで起業して、成功する為のポイントを徹底解説していきます。

 

7年前に起業した私が、起業当時に知っておけば、10倍、楽に軌道に乗せる事が出来たのに・・・と感じた事を紹介していますので、起業前に重要なポイントを知っておく事で、「失敗」というリスクを最低限に引き下げる事が可能ですし、「成功」する可能性を高める事が出来ます。

 

既に輸入ビジネスをスタートしている場合は、これからお伝えしていく事を理解する事でビジネスの幅が広くなりますので、ぜひ参考にして下さい。

個人が輸入ビジネスで起業するのは難しい?

もちろん簡単ではありませんし、誰でも簡単に稼げるような甘いビジネスでもありませんが、他のビジネスと比べれば、確実に輸入ビジネスは簡単ですし、長く稼ぐ事が出来ます。

 

「誰でも稼げるビジネスです!」という謳い文句がありますが、ほとんどが詐欺ですので、注意して下さい。誰でも稼げるならみんな億万長者ですし、世の中そんなに甘くないです。土を育て、種をまき、水を与え、初めて花が咲くように、輸入ビジネスでも結果を出すためにクリアしていくべき課題があるのです。

 

言語、資金、時間、ビジネススキルの4つが大きな壁となりますので、この4つの壁を超える事が出来れば、輸入ビジネスで利益を生み出す事が可能になります。

 

まずは、あなた自身で輸入ビジネスで稼ぐ方法を勉強して、クラウドワークスなどで見つけた外注さんに作業を任せる事で、利益を生み出しつつ、遊んでいても寝ていても利益が発生する仕組みを構築する事が可能です。

 

言葉の壁

輸入ビジネスを始めようと思った時に、大きな壁となるのが「言語」です。ポジティブに考えると、この壁があるからこそ輸入ビジネスが成り立つと言っても過言ではありません。誰でも簡単に仕入れる事が出来れば、強豪が増えて利益も少なくなっていきますよね。

 

どの国から輸入するにしても、ほとんどの場合「英語」が出来れば販売者とコミュニケーションを取る事が出来ます。仕入先の規模が大きかったり、レベルが高い会社ほど、英語でコミュニケーションが取れるスタッフが在籍しています。

 

現地仕入先が田舎の会社や小さな会社の場合、仕入れ価格が安い事が多いですが、現地の言葉しか通じなかったり、サービスや商品の「質」が現地レベルである事が多いです。

 

現地に行って商品を見て仕入れたりする事も可能ですが、ほとんどの商品はネットで仕入れ可能ですし、輸入の規模が小さい場合は、現地に行っても卸店舗やメーカー、工場から相手にされない事がほとんどですので、月商1000万円程度までは、全てをネットで簡潔させる方法がもっとも効率的です。

 

オンライン仕入れであれば、販売者とチャットで価格交渉や質問が出来るので、Google翻訳などを使いながらじっくりとコミュニケーションを取ることが出来ます。

 

本気で、輸入ビジネスで生計を立てていきたいと考えている場合は、1年くらい海外留学するのもオススメです。私も4年ほど海外留学しましたが、1年も英語環境にいれば、輸入に必要な基本的な会話が出来るようになります。

 

資金

2つ目の壁は、資金です。実店舗のようにOOO万円〜OOOO万円のような開業資金は不要ですが、輸入ビジネスで生活出来るレベルまで成長したい場合は、最低でも5万円ほどの仕入れ資金を準備するようにしましょう。

 

もちろん1000円程度で1商品だけ購入する事も可能ですが、ある程度まとまった数で、10個、50個と仕入れをすれば30%OFF / 50%OFFといった割引価格で商品を購入する事が出来るからです。

 

不用品や贅沢品を売って資金を集める

資金が無い場合は、ヤフオクやメルカリなどで贅沢品や不用品などを販売すれば、5万円程度の資金は準備出来るはずです。実際に私が輸入ビジネスを本格的にスタートした際も、釣具やサーフボードなど全ての贅沢品をヤフオクで売って資金にしました。

 

その資金を元手にどんどん増やしていき、数ヶ月後にはさらに良い釣具やサーフボードを買えるまでに成長した体験があるので、資金が無い方は、覚悟を決めて売ってしまいましょう。

 

クレジットカードをフル活用

資金が少ないうちは、クレジットカードの締め日を意識しながら仕入れをしていくことで、一気に売上げを増やす事が出来ます。ほとんどのクレジットカードでは、

 

  • 末締め翌月27日支払い
  • 5日締め翌月10日支払い

 

このような感じで締め日と支払日が設定されている事がほとんどです。末締め翌月27日で解説していきます。

 

 

この図を見てもらえばわかるように、締め日に仕入れをすると、支払いまでの期間が約30日間になりますが、月の初めに仕入れをすれば、支払いまでの期間が約60日間に伸びます。

 

60日間あれば、商品の受取〜販売〜入金までの流れを完結させる事が可能です。仕入れから支払日まで30日間しか無い場合は、手元にキャッシュが残らずに、カードの支払いが出来なくなる可能性があるので、クレジットカードで仕入れをする際は、締め日を意識して仕入れを行うと、キャッシュフローが良くなります。

 

クレジットカードで仕入れをするなんてリスクだらけでは?と思うかもしれませんが、「高い確率で売れる商品」だけを計画的に仕入れる事でリスクを限りなく0にする事が出来ます。リスクとリターンのバランスを考えながらリスクを背負える人だけに「利益」というリターンが与えられるのです。

 

時間

あなたがサラリーマンやアルバイト、主婦である場合、たくさんの時間を作業に充てる事はできないかもしれませんが、1日1時間、2時間の時間は、作れるはずです。

 

しっかりと集中して1時間、2時間作業していけば、リサーチや売れる商品ページも作れるようになります。時間が無い、時間が無いと言う暇があれば、実際に行動していく事が大切です。

 

まずは、あなた自身で輸入ビジネスを理解して、外注化、アウトソーシングを進めていけば、何も作業をしなくても稼げる仕組みを作る事は可能です。

 

もしも、あなたが輸入ビジネスを理解していない初期段階から外注化しようとしても、「重要なポイント」を理解していないので、実際に作業をする方に「重要なポイント」を伝える事が出来ず、余計な手間がかかる事になるので、まずはあなた自身で作業して、最終的に外注化するようにしましょう。

 

ビジネススキル

輸入ビジネスは、大きく「リサーチ」「仕入れ」「販売」「管理」の4つで構成されています。各項目で必要なスキルがあり、現時点であなたのスキルが高いほど、稼げる可能性が高まります。

 

初期段階では、ほとんどの作業をあなたが行うようになりますが、外注化や人に任せていく段階では、各項目でレベルが高い仲間を見つけてチームを作るマネジメントスキルが大切になります。

 

最近Udemyで購入したコンテンツなんですけど、ビジネスにも共通するノウハウばかりですので、強いチームを作りたいと考えている場合、参考になると思います。全部で1時間くらいのコンテンツなんですけど、日本代表をW杯でBEST16まで導いた岡田監督流、強い組織の作り方を具体的に解説してくれています。

 

法律関係

この商品って輸入して良いのかな?この商品って本物なのかな?などと、不安な点がたくさん出てきます下に記載してある商品などは、法律で輸入が禁止されていますので、絶対に輸入しないようにしましょう。

麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具

けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品

爆発物、火薬類、化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等

貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)

公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品

児童ポルノ

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品

不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号までに掲げる行為を組成する物品

参考:http://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm

ブランド品などは、偽物が届く可能性が高いので、輸入しないようにしましょう。また、医療・食品・子供関係の商品などは、販売後のリスクが高かったり、輸入に手間がかかったりするケースが多いので、オススメしません。初心者の場合は、軽い・薄い・壊れにくい商品の輸入をオススメします。

 

絶対に抑えておくべき基本

輸入ビジネスといっても、ビジネスの基本は同じで、需要と供給や買い手が得るポジティブな未来を提供する事、リサーチから販売までの流れなど、基本を理解しておけば、スムーズに成功する事が可能となります。

 

需要と供給

極端な話ですが、砂漠で遭難して水が飲みたい男性がいた場合、10万円出してでも水を買いたいと思うはずです。

 

 

ビジネスでは、需要と供給が全てといっても過言ではありません。買う気が無い人に商品を売りつけるよりも、どうしても欲しい!と思っている人に商品を買ってもらうほうが圧倒的に簡単ですよね?

 

「求めている人がたくさんいるのに、供給されていない」「需要が多いのに供給が追いついていない商品は何か?」という事を考えていけば、初心者でも大きな利益を出す事が可能になります。

 

需要と供給の巻(1) | マンガでわかる経済入門 | man@bowまなぼう
早わかり経済入門。金融・経済の基礎を、初心者にもわかりやすいマンガで解説。社会に役立つ経済の知識が身につく

このサイトが需要と供給について詳しく解説していますので参考にどうぞ。

 

未来の幸せを提供する

お客さんは、「商品」にお金を出しているのではなく、商品を購入して得る事が出来る「未来」に価値を感じたからお金を出してくれるのです。車で例えるなら、

 

「車を買えば、歩かずに移動出来る」という基本的な目的もあれば、「フェラーリなどの高級車を買って、自己満足。注目されたい。節税したい」など車を買っているようで「未来(結果)」を購入しているのです。

 

あなたが最近購入した商品で考えてみてください。似たような商品があるのに、なぜこの商品を買ったのか?何かしらの理由があって選択しているはずです。

 

  • いつも使っているから(安心)
  • 安いから(お金をセーブ)
  • 質が良いから(長く使える)
  • かっこいいから、かわいいから(自己満足・良く思われたい)

 

など様々な理由があると思いますが、輸入した商品を販売するときも、商品ではなく未来を売る事が大切です。

 

仕入れについて

輸入ビジネスでは、「市場・競合をリサーチして、実際に商品を仕入れて、販売する」という3つのステップがあります。販売して利益が出る商品を仕入れる事は当然ですが、先ほど解説した通り、需要と供給・未来の幸せを提供する事を意識しながら仕入れを行う事が大切です。

 

どこで仕入れを行うのか?

海外から商品を仕入れる方法として2つのパターンがあります。

  1. 実際に現地に行って買い付けを行う
  2. オンラインで仕入れを行う

これから輸入ビジネスをスタートする場合は、圧倒的にオンラインで仕入れる方法をオススメします。なぜなら経験が浅いバイヤーが仕入れに行ったとしても、工場や問屋から相手してもらえませんし、ボッたくられたり、大量の不良品を売りつけられる可能性があるからです。

 

代行業者を通して仕入れる

代行業者を使うメリットとしては、買いたい商品ページを伝えてお金を払うだけで商品の仕入れるが出来る、代行業者が契約している大口の国際送料が適用されるなど様々ですがデメリットも存在しています。

 

やり取りする際も、あなた -> 代行業者 -> 仕入先 という流れになるので、コミュニケーションに時間がかかります。直接やり取りすれば5分で済むような話も2日~3日必要となる場合もあります。

 

また、利益が出る商品データを盗まれたり、商品違いや不良品が届いた場合も、代行業者を通していると交換や返金の手続きに応じてくれない事がほとんどです。

中国輸入で悪徳な代行業者を使うと儲かるデータが盗まれる?

2015.02.10

 

タオバオ1688.comなどから仕入れる場合は、代行業者を経由して仕入れる事がほとんどです。コンテナ単位で仕入れを行う場合は、配送や税関の事などを考えても、代行業者などを通して仕入れを行ったほうが効率的です。

 

代行業者を通さず、直接仕入れを行う

アリババアリエクスプレスebayamazon.comなどから仕入れる場合、海外発送に対応しているセラー(販売者)がほとんどですので、良い商品があれば、手軽に直接購入出来ます。

 

代行業者を通さないので、あなた自身で交渉や購入をする必要がありますが、手数料も不要ですし、スピーディーに仕入れを行う事が出来ます。インターネットの世界では、スピード感が非常に大切ですので、個人的には直接仕入れを推奨しています。

 

 

発注から商品到着までの流れ

商品を発注してから到着までの時間は、販売者や商品、配送方法、発送元の国などによって変わってきますが、EMS、FEDEX、DHLなどのエクスプレスサービスで発送してくれるのであれば、発注して1週間~2週間程度で受け取る事も可能です。

参考:https://www.post.japanpost.jp/int/deli_days/ems/tokyo.html

もしも、配送方法がエクスプレスでない場合、1ヶ月程度かかる事もありますし、在庫が無い商品を発注した場合、2ヶ月かかる可能性もありますので、商品を発注する前は、必ず販売者に配送についての詳細を確認するようにしましょう。トラブルのほとんどは、お互いの「当たり前、当然」にズレがあるからです。事前に、「当たり前」の事を確認する事で、トラブルを防ぐ事が出来ます。

 

どうやって販売するのか?

売れそうな商品を見つけて商品が到着すれば、次は販売です。オンラインで販売する方法とオフラインで販売する方法がありますが、個人がこれから起業する場合は、オンラインでの販売がオススメです。

 

オンライン

オンラインでの販売方法としては、Amazon楽天市場ヤフーショッピング、自社ショップ、フリマアプリなどを使って販売する方法が一般的です。

AmazonでSEO対策をして検索上位を独占する方法!

2015.11.02

 

モールやレンタルカートなどを利用すると、1商品を販売する毎に、5%〜15%ほどの販売手数料が発生しますが、初心者が0からECサイトを立ち上げるのは、不可能に近いので、オンラインモールや自社ECサイト支援システムなどを利用しましょう。

Amazon販売手数料は高いのか?

2015.04.23

 

自社でECサイトを立ち上げる場合は、カラーミーショップが初心者にはオススメです。知識があるのであれば、EC-CUBEやWPプラグインのwoocommerceを使って作ることも可能です。

出店すべき15のネットショップを徹底比較【2017年最新版】

2015.08.02

 

法人化について

輸入ビジネスで安定した利益が出せるようになれば、法人化も考えましょう。1つの目安ですが、年収が500万円以上になって法人化すれば、税金面でお得になるケースが多くなります。節税以外でも、社長という肩書きや社会的信用を得る事も出来ます。

個人事業主はどんなタイミングで会社設立(法人成り)するのがベスト?
起業するときに、個人事業主にするか、それとも会社設立して法人にするか、という…

大きい会社などは、個人事業主とは取引が出来ずに、法人限定。という企業もあるので、法人化する事で、規模が大きい企業とも対等に取引できるようになるというメリットもあります。

 

実際に自分が感じた事ですが、法人化した事によって、個人事業主のときよりも確実に経営者としての自覚が生まれて、強いビジネスを作る事を意識するようになりました。

 

法人化の費用

定款の提出などを自分で行うのであれば、合同会社であれば、7万円から法人化出来ますし、株式会社でも21万円から立ち上げる事が出来ます。

 

私の場合、7600円の手数料で会社設立センターに定款を作成してもらい、公証役場、法務局での作業は自分で行いましたので、21万円程度の費用で、申し込んでから1週間ほどで株式会社を立ち上げる事が出来ました。会社設立センターの場合「税務契約が必要」などといった事もありませんでしたし、スムーズで丁寧でした。

 

他にも色んな良い業者があると思うので、比較してみてください。

 

  1. 金額明瞭である事
  2. 設立までの期間が1週間程度と短いこと
  3. 税務契約などが必須でない事

 

この3点には注意しておきましょう。

 

クラウド会計ソフトのFreeeでは、会社設立フリーというシステムも用意していて、会社設立に必要な書類などを自分で作る事が出来ます。コストをかけずに自分でやってみたい!という場合は、チャレンジしてみてください。

 

法人設立の際には、法人印も必要になるのですが、素材にこだわらなければ、6000円程度で、実印・銀行・角印の3本セット+ゴム印も購入できます。

【楽天市場】印鑑/はんこ☆設立だもの☆ 柘 法人印鑑セット!代表者印(天丸18)/銀行印(寸胴18)/角印(21)/アクリルゴム印(60x20mm)ケース付 会社 印鑑 会社設立【10P29Apr15】【送料無料】会社印 法人印 登記 法人実印 父の日:はんこ祭り
【送料無料】基本の法人印鑑セット!【代表印 / 銀行印 / 角印 / ゴム印】納得の安心価格! 会社設立を応援!。印鑑/はんこ☆設立だもの☆ 柘 法人印鑑セット!代表者印(天丸18)/銀行印(寸胴18)/角印(21)/アクリルゴム印(60x20mm)ケース付 会社 印鑑 会社設立【10P29Apr15】【送料無料】会社印 法人印 登記 法人実印 父の日

 

せっかくの法人だから印鑑の素材にもこだわる!という方には10万円程度の象牙が人気のようです。オンラインでなく実店舗で購入するのであれば、同じ素材でも20万円ほどする事があります。

 

税理士の選び方

味方になってくれる税理士を選べば会社にとってプラスになりますし、自分の事しか考えない税理士を選んでしまえば、会社が潰れる原因になるくらい重要です。税理士は、一瞬で会社を潰すくらいのパワーを持っていますので、慎重に選びましょう。

 

自分の場合は、年間44万円程度で地元の税理士さんと顧問契約をしていますが、依頼して良かったと感じています。正直、freeeなどの会計ソフトを使えば、「税理士さんいらないかも」と思いますが、会計について教えてもらった事によって、損益計算書や貸借対照表を見れるようになってきましたし

 

税理士さんを経由する事で、銀行や国から融資を受けやすくなったり、低い金利でお金を借りれています。

 

こんな税理士がオススメ!

  1. 気が合う、同じ空間にいても苦じゃない
  2. 偉そうにしてない
  3. わかりやすく説明してくれる
  4. 対応が早い
  5. 税務署より会社の味方
  6. 適正な税理士報酬

 

税理士の選び方|顧問契約の前に絶対に確認しておくべきポイント8つ

こちらのサイトでより詳しい選び方が見れるので、税理士を選ぶ前に必ず目を通しておきましょう。税理士選びを間違えると、せっかくの良いビジネスも台無しです。

 

さいごに

ここまで基本から仕入れ、販売、法人化などについて解説してきましたが、何よりも難しいのは、実際にスタートする事です。頭でわかっていても行動しなければ意味がありませんので、やりたいかも・・と思っている場合は、今すぐ実際に1商品で良いので仕入れてみましょう。

 

あなたが思っているより、ビジネスを作り上げる事は簡単です。何よりも難しいのはスタートする事ですので、勇気を持って一歩を踏み出しましょう。

1 個のコメント

  • 有り難うございます

    アパレル関係始めてですが
    何か始めないと強く気持ちですが
    仕入れなどにどうすればいいか色々調べている所です
    特に日本は輸入にかんして厳しいといつも聞かされ、このwebを読んで弱みがまたきえた。
    有り難うございます、もっと相談出来れば嬉しいです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1990年4月3日生まれ、26歳。サッカー、釣り、サーフィン好き。18歳から5年間世界を旅する、バックパッカーになり帰国後、10万円の資金で輸入ビジネスを開始、たったの6ヶ月で月収100万円達成。総売り上げ8000万円超え、最高月商718万円。情報発信では、3ヶ月目にして月収100万円を突破。2014年11月株式会社フリームーブメントを設立。