JANコードの登録、活用方法を詳しく解説!

今日は、JANコードの登録方法から活用方法をまとめたものをお伝えしていきます。JANコードを使っての商品管理はもちろん、オリジナル商品をお持ちであればそれにJANコードを付けて販売する事も出来ます。

JANコードとは?

ほとんどの商品パッケージに付いているバーコードであり、企業内での在庫管理、発注システムなどに使われてる日本国内共通の商品管理コードです。AMAZONなどの大手サイトでは出品の際に、JANコードの記入が義務付けられていたりもします(一部除く)JANコードは誰でも簡単に取得する事が出来るので、興味がある方は取得してみてください。

 

どうやってJANコードを取得するのか?

バーコード利用の手引き GS1事業者コード(JAN企業コード)登録申請書付 まず、一番初めに、この1200円の申込書を購入しないといけません。全国の商工会議所、商工会などでも買えるそうです。年商が1億円までは3年間有効なコードを1万円で発行してもらえます。年商があがれば費用も若干上がります。

  1. 申込書購入
  2. 記入、支払
  3. 商工会議所へ持ち込む
  4. 1-2週間くらいで登録通知が届きます。

書類の中にあなただけの9桁のJANコードが書いてあるのでアイテムコードとCDを付けてJANコードが完成です。

 

JANコードの作り方

たとえば、あなたの事業者コードが123456789だった場合は、123456789+001(商品コード)+2(CD)=1234567890012がJANコードとなります。

 

http://www.dsri.jp/jan/check_digit.htm

 

CD(チェックデジット)の出し方はこのJAN公式のサイトで、123456789001を入力し計算を押すと自動で計算され「2」という数字が出てきます。計算式はページ中央にあるんですが、こんな事を理解するのは時間の無駄なんで素直にこれ使って計算してます。

 

AmazonでJANコードを使ってオリジナル商品を登録

amazonであなただけのオリジナルブランドを登録する際に、JAN無しまたはJANコードを付ける事で商品登録が出来るようになっていますが、

 

最近のamazonはJANコードを使ったノーブランド商品ページのJANコードによる独占を禁止しているそうですが、実際に私がamazonに問い合わせた時は、パッケージが違う場合は、同じ中身の商品でもJANコードを付ける事で、完全に別商品になるそうですので、

 

JANコードを付けるだけで、あなたのオリジナル商品になるわけではありません。オリジナル商品を作り出す為には、あなたの製品にしかないオリジナリティを出す事が大事であり、ちょっとした工夫で簡単にライバルに差をつける事が出来る部分でもあるので、考えてみてください。ブログで公開できないグレーゾーンな部分はメルマガで公開してます。




3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1990年4月3日生まれ、26歳。サッカー、釣り、サーフィン好き。18歳から5年間世界を旅する、バックパッカーになり帰国後、10万円の資金で輸入ビジネスを開始、たったの6ヶ月で月収100万円達成。総売り上げ8000万円超え、最高月商718万円。情報発信では、3ヶ月目にして月収100万円を突破。2014年11月株式会社フリームーブメントを設立。