【Vol.7】1500万人という圧倒的ユーザー数を誇るヤフオクで利益を出す為の販売方法

一人でも多くの方に輸入ビジネスで「人生を変えて欲しい」という思いがあり、過去に有料販売していた教材「3ステッププログラム」を無料で公開しています。サイトへの登録方法や説明画面は、古い情報のままですが、思考や手法は、輸入ビジネスの王道で解説していますので、参考にどうぞ。

あなたが輸入ビジネス初心者の場合、オークファンを使えば落札履歴が確実にわかるヤフオクで「売れないリスク」を最小限に抑えながらリサーチ、タイトル、画像、価格設定など輸入ビジネスの基礎を勉強する事をオススメします。

 

ヤフオクで成果が出てきた時点でAmazonへの販売も開始し、一気に月収50万円〜100万円〜300万円を目指し、他モールへ展開しつつ売上げをさらに伸ばしていくという方法をオススメします。

 

ヤフオクは、お客さん一人ひとりとのやり取りに時間がかかるため、50万円、100万円稼ぐ為には向いていないのですが、リサーチ・販売・顧客対応といった基礎を学びながら30万円程度を稼ぐ為には最適な場所ですので、まずはヤフオクでしっかり結果を出す!という事を目標に、焦らずにチャレンジしていきましょう。

 

ヤフオクで基礎を学ぶことが、次のステップである、amazon販売での売上げに直結してきますので、全力でヤフオク販売に取り組みましょう。

 

既にAmazonで販売していて、ある程度結果が出ている方や、ヤフオク販売は完璧に理解しているという場合は、もちろんヤフオク販売を飛ばして頂いても構いません。

 

ヤフオクでの販売方法

ヤフオク販売のポイントは、売れている商品をライバルよりいい条件で販売する事にあります。今回の仕入れマニュアル内で解説用に使用した商品だけでも1ヶ月で10万円程度の利益を出すことが出来ます。

 

ひとつ覚えておいて欲しい方程式があります。

 

アクセス数×成約率=売上げ

 

アクセス数とは、何人があなたの商品ページへとアクセスするか?成約率とはそのページを見た人の何%の人が購入したいと思うか?です。この2つの数を大きくしていく事があなたの売上げへと直結します。

 

ヤフオクでの出品には、いくつかコツがありますので、ここで紹介する部分に関しては、頭に入れておくようにして下さい。

 

タイトルの付け方

ヤフオクでは、タイトルのキーワードによって検索した時に表示されるか、されないかが決まりますので、検索されやすいキーワードを含めたタイトルを付けるようにしましょう。

 

ヤフオクでは30文字までタイトル欄に入力出来ますので、基本的には検索されそうなワードを可能な限りタイトルに詰め込みます。

 

今回のマニュアルでよく出てくるウォールステッカーを例にタイトルを付けてみたいと思います。

 

image003

 

「新品 ウォール ステッカー 壁 シール ハウス ルール DIY 北欧」

 

image004
今回はこのようなタイトルがベストだと判断しました。

 

他に考えられるタイトルとしては、
「新品 ウォール ステッカー 壁 シール ハウス ルール 100cm×50cm」
「新品 ウォール ステッカー 壁 シール ハウス ルール 海外限定」
「新品 ウォール ステッカー 壁 シール ハウス ルール 国内未発売」
「新品 ウォール ステッカー 壁 シール ハウス ルール 送料無料」

 

等が考えられます。輸入販売の商品であれば「海外限定」「国内未発売」などといったキーワードを付けると、商品の希少価値が高まりますし検索にもかかりやすくなります。

 

「新品 ウォール ステッカー 壁 シール ハウス ルール DIY 北欧」
このようなタイトルにしましたが、なぜワードの間に半角スペースを付けているのかわかりますか?答えは、検索に引っかかりやすいようにです。

 

上記タイトルであれば、「ウォール シール」「ステッカー 壁」「ウォール DIY」で検索しても結果として表示されますが、もしもタイトルを下のように付けた場合

 

○「ウォールステッカー シール」
○「ウォールステッカー DIY」
このような検索であれば表示されますが、

 

×「ウォール シール」
×「ウォール DIY」
だと検索にひっかからない可能性があります。

 

なぜなら「ウォールステッカー」の場合、ウォールとステッカーの間に半角スペースを入れていないので、ヤフオクの検索ロボットからすると、「ウォールステッカー」という1つの単語として認識してしまうからです。

 

もしもここで「ウォール ステッカー」と半角を入れておけば検索ロボットが判断する際に、「ウォール」「ステッカー」「ウォールステッカー」の3パターンで可能性があると判断するのです。

 

ただし、最近の検索ロボットは毎日学習して進化していますので、「ウォールステッカー」と入れておいても「ウォール」と「ステッカー」という単語の組み合わせだ。

 

という事は理解出来るかもしれませんが、半角スペースを入れておくに越したことはありません。これだけでページでのアクセス数が5倍、10倍と変わるケースもたくさんありますので、ぜひ半角スペースを有効に活用しましょう。

 

「新品 ウォール ステッカー 壁 シール ハウス ルール DIY 北欧」
「DIY 北欧」というキーワードがどこから来たかわかりますか?これらの関連キーワードは今回、楽天市場より引っ張ってきました。

 

image005

 

このようにウォールステッカーと検索し、ランキングの上位3つが検索用に「北欧」というキーワードを使用していましたので、ウォールステッカーというジャンルで需要のあるキーワードという事がわかります。

 

このようにネット上で商品をたくさん販売しているページがどんなキーワードを使用しているか?も検索してみるとアクセスが増えるキーワードが見つかり、結果として売上げが増える事にもなります。

 

タイトルの付け方がイマイチわからない方はこのタイトルテンプレートを参考にしてください。

 

「商品状態 商品名 型番 用途 関連ワード アピールワード」

 

商品状態であれば、新品・中古・美品など

用途であれば、冬用、梱包用、壁用、床用など

関連ワードには、例で出した「北欧」のようなアクセスが増えるであろうワード

アピールワードでは、限定、人気など商品の価値を高めるワード

 

このテンプレートにあなたの商品のキーワードを当てはめるように作ってみてください。このタイトルテンプレートを使用する事で、アクセス数を増やせます。

 

売れている商品を売れる値段で販売する

商品を販売する際は、どの商品でも必ず「相場」というものが存在します、これは過去の販売実績や現在の市場の在庫状況などによって変わってくるのですが、ヤフオクの場合の相場とはオークファンなどで見る過去の落札価格だと思ってください。

 

基本的には、「相場」の値段で販売するのですが、ヤフオク販売で注意しないといけないのが、現在同じ商品を販売している他の販売者がいる場合です。

 

過去の落札価格が平均で4000円の場合でも、同一商品を3800円で販売している他の販売者がいれば、現在の相場は3800円と考えて下さい。相場が3800円とわかりました。それでは、出品時の価格はいくらにしましょう?

 

販売戦略によって、様々な価格設定が考えられますが、今回は利益を少し減らしてでも在庫を持つ期間を短くする手法なので、3800円以下の3780円や3500円で販売し、短期間で販売し売り抜けれるような価格設定にしてください。

 

ここで欲張って3800円や4000円といった値段にすると、1ヶ月出品しても売れなかったりします。ヤフオクの場合は、ライバルがいて、同じ商品が2つあれば、説明や評価よりも、魅力的な画像と「安い!」と思わせる価格設定です。

 

裏を返せば、販売のコツさえ抑えておけば、販売未経験者でも利益を出すチャンスがあり、コツさえ知っていれば誰でも稼げるモールという事です。

 

安い!!と思わせる値段設定はスーパーなど身近な所でも活用されているのでご存知かもしれませんが、480,1980,2980,2800,3980,4800など最後を80や800で終わらせると安く感じます。2000円の商品であれば1980円と値段を付けるほうが良いのです。

 

他にはお手ごろなイメージを与えたければ500,1500,2500などワンコインを付け加えると良いです。

 

安さを強調したいのか?お手ごろさをアピールしたいのか?安心感を与えたいのか?販売戦略によって臨機応変に値段を変えていきましょう。ひとつ注意点として覚えておいてもらいたい事があります。もしも同じ商品を販売している他の販売者の発送元が海外であればライバルとして考えなくて良いです。

 

海外発送の場合は、到着まで早くても10日ほどかかりますので、お客さんとしては到着までに10日、20日かかるなら3,4日で届く国内発送の商品を購入しよう!となりますので、多少高くても問題なく売れていきます。

 

image006

 

販売ページの出品者情報の欄が海外となっていれば海外から発送商品です。

 

綺麗な画像を使用する

画像には出来る限り、背景が白で綺麗に見える画像を使用しましょう。商品を手に取って見る事が出来ない通販では、お客さんが商品の事を知る、唯一の手段でもあります。商品画像次第で、売上げは2倍、3倍にもなるほど重要な要素ですので、商品が綺麗に見える画像を使っていきましょう。

 

image007

 

これらは実際にaliexpressで使用されている画像ですが、やはり背景を白で切り抜いている画像が魅力的に見え、どんな商品なのか?をしっかりと伝える事が出来ます。

 

1枚目は検索結果などに一覧で表示されるものなので、商品の事がわかる背景が白で切り抜いてあるものを使用し、商品を使ったときのイメージ画像も載せたい場合は2枚目以降に使用するようにして下さい。

 

画像を取得する際は、基本的には3つで

 

販売者が使用している画像を保存し、使わせてもらう。
Google画像検索などで同一商品の画像を保存する
自分で商品を撮影する

 

といった感じになります。Aliexpressで購入する際は、ほとんどの商品は販売者に画像をもらえる?と問い合わせる事で元の画像が貰えます。購入後よりも購入前に問い合わせるともらえる可能性が高くなります。

 

ALIEXPRESSでの画像の保存方法(windows)

image008

 

この画像を保存したい場合は、通常であればマウスを右クリックし名前を付けて画像を保存で画像が保存できるのですが、aliexpressの場合はそれが制限されていますので、この保存したい商品画像を表示した状態でキーボードにあるPrt Sc またはPrint Screenを押すと表示されている画面全てを画像としてコピー出来ます。

 

image009

 

ほとんどのキーボードでこの辺にあり、「Prt Sc」「Print Screen」と表示されています。このボタンを押したあとは「pixia」という画像編集ソフトで編集します。
インストールしたPixiaを開き、ファイル→クリップボードから開くをクリックします。

 

image010

 

 

image011

 

するとこのような先ほどprt sc で保存した画像が表示されますので、切り抜きます。

 

image012

 

まず赤枠で囲った部分をクリックして長方形を選択します。

 

image013

 

左上を左クリックし、クリックしたまま右下までマウスを移動し保存したい画像を選択します、左クリックを離し次は右クリックでトリミングを選択。

 

image014

 

するとこのように、先ほど選択した範囲だけの画像が表示されていると思いますので、左上のファイル→名前を付けて保存で、JPEGまたはJPG形式で保存します。

 

image015

 

ファイル→名前を付けて保存

 

image016

 

保存する場所を指定→ファイル名を記入→ファイルの種類をJPEGまたはJPGで指定し、保存をクリックすると指定した場所に画像が保存されます。

 

これでaliexpressでの画像が保存できるようになりました。この方法を使えばどんなウェブサイトの画像も保存できるようになりますので覚えておいてください。

 

ALIEXPRESSでの画像の保存方法(mac)

パソコンのOSがMACの場合は、pixiaは利用出来ませんので、evernoteが提供しているskitchというソフトを利用しましょう。Windowsでもskitchを使用することは可能です。

 

image017

 

Skitchをインストールして開くと、画面をキャプチャという項目がありますので、クリックして抜き取りたい範囲を選択します。

 

image018

 

画面をキャプチャして、保存する際は左上のSkitch→画像として保存をクリック

他にも文字を入れたり、マーカーでラインを引いたりと使える機能がありますので、pixiaが使えない場合はskitchを活用しましょう。

 

EBAYの画像を保存

image019

 

保存したい画像をクリックします。

 

image020

 

するとこのように背景が黒で画像が表示されますので、画像の上で右クリックし、名前を付けて画像を保存するをクリックすれば画像が保存できます。Aliexpressのように画像を編集したりする必要はありません。簡単ですね。

 

GOOGLE画像検索で同一商品の画像を探す場合

https://www.google.co.jp/imghp?gws_rd=ssl

 

こちらで検索可能です。先ほども登場した「wall sticker house rule」という商品をgoogle画像検索で検索してみましょう。

 

image021

 

検索するとたくさんの画像が出てきました。赤丸で囲んだ画像が透かしやウォーターマークなども入っていないので使いやすそうな画像です。

 

image022

 

画像をクリックすると画像を掲載してあるサイトへ飛びますので、先ほど紹介した画像の上で右クリックし、名前を付けて保存で保存可能です。

 

届いた商品を自分で撮影する場合

自分で撮影する場合は、撮影に関する知識が無いと、どうしても背景が暗くなってしまったり、鮮明じゃなかったりと綺麗な画像にする事が難しいので、出来る限り自分で撮影しなくていいように販売者から画像を使用する許可を得ましょう。

 

綺麗な画像の撮影方法に関しては、下記の専門サイトが参考になります。
http://www.netshop-set.com/technique/

 

撮影した画像の背景が白にならない場合は、切り抜きサービスなどを使うと背景を綺麗に切り取る事が可能です。http://kirinuki-japan.com/

 

販売ページにはデザインテンプレートを使用する

商品説明を記載する販売ページにはテンプレートを活用するようにしましょう。

オススメは http://www.auclinks.com/apm/ オークリンクス(無料)

 

image023

 

デザインテンプレートを活用して綺麗なページを作ってみましょう。今回はノーマルBの濃黄で作成してみたいと思います。赤丸をクリックします。

 

image024

 

色々なパターンのテンプレートが出てきますので、好きなスタイルのデザインを決め、「作成ページへGO!」をクリックします。

 

image025

 

するとこのようなページへ移動しますので、大タイトル(見出し)、メッセージ1、2、3の部分へ必要な情報を記入していきます。

 

image026

 

このように情報を入力していき、Step3 ☆作成☆ をクリックします。

 

image027

 

するとプレビュー画面が表示されます。これと同じデザインでヤフオクへの販売ページへと掲載されます。問題が無ければ少し下のほうへスクロール(ページ移動)します。

 

image028

 

移動すると、このようなHTMLが表示されている画面がありますので、全選択/コピーをクリックすると青く反転しますので、青くなっている部分で右クリックしコピーを選択し、実際の出品時の説明部分へと貼り付けます。「出品方法」の章で再度、説明します。

 

image029

 

 

image030

 

左と右はまったく同じ文章ですが、左のようにデザインテンプレートを使用するだけで、販売ページが綺麗で魅力的なものになりますので、必ずデザインテンプレートを使用して販売ページを作るようにして下さい。

 

ベストな終了日時、期間とは?

初心者の方は販売期間を7日等と長めに設定したくなるようですが、それは逆効果で期間としては3日程度で設定するほうが売上げは多くなります。3日程度あれば商品を欲しがっている人の目に届くという事です。

 

終了日時は、基本的には土日の21時~23時の間にアクセスが多いです。または昼休みの12時~13時頃もありです。主婦向けの商品であればお昼が売れます。このようにどんな人が購入するかな?と考え、お客さんに自由な時間がある時を終了日時にすると反応が良くなります。

 

販売のオプション設定

image031

取引オプションの項目で自動再出品回数は、上限の3回に設定しておきましょう。3回にしておく事で、3日に設定した場合、売れなくても3回再出品となり自動で9日間販売される事になります。

 

おすすめコレクションのテクニック

最近新しく追加された機能で、あなたへのおすすめコレクションという項目があります。これは、成果報酬型のオプションで、売上金額に対して設定したパーセンテージが成果手数料として発生します。

 

1,000円で販売し、1%に設定した場合は、10円という事です。このオプションは%が高いほど、広告によるアクセス数が増えるようになっています。

 

そして、ほとんどの方が、とりあえず設定しておこう!と考えたときに最低限の1%で設定するのです。

 

そこでみんなが1%で設定すると、平等に広告として表示されるようになりますが、ここで1.1%とするとどうでしょう?

 

0.1%の差ですが、ヤフオクのシステムは会社の利益を大きくしたいので、当然ながらパーセンテージが高いページを優先的に表示させますので、たったの0.1%上回るだけで、アクセス数に大きな差が出てくるのです。

 

1000円の場合は、1%から1.1%にしても1円しか増えませんが、0.1%上回る事で得る事が出来るアクセス数は確実に1円以上の価値があります。

 

1.1%は思いつく人がいる可能性は無くも無いので、その1歩先を行き、1.2%としておくと、かなり上回る可能性が高くなります。

 

これは、10%、20%に設定する場合も同じです。10.2%、20.2%などにしておく事で、小さな勝利が時を経て大きな利益となって返ってきます。

 

次は、少し違った活用方法で、報酬率を高くする事により、アクセス数を増やし販売価格を高くしても売れる可能性を高くする方法です。

 

販売の基本、アクセス数×成約率=売上げこれは覚えていますよね?

 

販売価格を高くするので、成約率は落ちますが、その分アクセス数が多くなるので、売れるという仕組みです。

 

1 販売価格1000円 報酬率1%(成果報酬10円) 予想アクセス数100
2 販売価格2000円 報酬率40%(成果報酬800円) 予想アクセス数1000

 

相場の適正価格が1000円だったとしたら、20%~50%増しの金額を設定し、そこで発生する成果報酬を販売価格に上乗せする手法です。

 

こうする事で、成約率は落ちますがアクセス数が増え売れる可能性も高くなります。価格で勝負しても反応が悪い時などにオススメです。

 

注目のオークションとアフィリエイトにチェック

image033

注目のオークションを設定する事で検索結果に上位表示されるようになるので大きなアクセスアップを見込めます。こちらも先ほど同様に11円、12円、21円、22円など1円、2円プラスしておくと優先度が増します。

 

アフィリエイト(有料)に関しては、落札価格に対して1%かかりますが、必ずチェックを入れておくようにしましょう。

 

3ステッププログラム参加者の方で、5万円という高額な商品を販売していたがアクセス数が少なく全然売れていなかった商品があったのですが、アフィリエイトの利用にチェックを入れるようになってアクセスが増え、落札が急に増えた例があります。

 

image034

 

ある例では、アフィリエイト経由で4アクセスしかありませんが、濃い見込み客が集まるので、入札が発生しています。このオプションも有効活用しましょう。

 

即決と数量について

image035

 

販売形式は、定額で出品がオススメです。オークション形式だと、時間がかかるから入札したくない!といったユーザーがいたりと、予想以下で落札される可能性があるからです。定額で出品にして希望価格で販売しましょう。オークションを使っているというよりも、1つのモールで販売している!という意識が重要です。

 

ヤフオク!と聞くだけで、小銭稼ぎ、低レベル、面倒などといったワードを連想してしまうかもしれませんが、これだけ人がたくさん集まるモールを使わない。というのはもったい無いので、固定概念を捨てて、上手に販売していきましょう。

 

画像では、個数を3に設定しています。これは、ヤフオクで10以上評価が付くと利用出来る機能で、3と設定するのには狙いがあります。

 

例えば、在庫が50個ある商品があるとして、数量1の即決で出していると、1つ売れればそのページはヤフオクから消えてしまいますが、ここで3と設定しておけば、入札1となり、「みんなが買っているから人気!安心!」という日本人特有の感情にうったえかける事が出来ます。

 

image036

 

 

image037

 

 

1200円の即決で販売し、6の入札が付いています。このストアでは、個数を50個に設定して、入札が多いよ!という事をアピールしながら売っているのです。

 

image038

 

在庫が50個くらいあるのであれば、数量3または5くらいに設定して、タイトルを変えたページを5ページくらい出すと効果的です。

 

タイトルを変えたページを複数出品し検索対策

タイトルに使える文字数は30文字ですので、商品を販売する際に、1商品1ページですと使えるキーワードに限りが出てきます。

 

そこで、たくさんのキーワードをタイトルに使う為に、タイトルを変えた複数のページを出品するのです。

 

例に出てくるウォールステッカーで考えてみましょう。

 

image039

 

新品 ウォール ステッカー 英語 ハウスルール
海外限定 壁 シール 文字 デカール
アウトレット ウォール ステッカー アート 北欧

 

このようにタイトルを変えたページを出す事で、1出品あたり100のアクセスでも、3ページあるので、単純計算で3倍の300アクセスが見込めるという事です。

 

アクセス数×成約率=売上げ

 

この法則のアクセス数を増やす戦略です。

 

ただしあまり関連性の無いキーワードや需要が無いキーワード(誰も検索していない)を使っても意味はありませんし、大量に出すと検索側に迷惑を掛けますので、常識の範囲内で対策しましょう。

 

まとめ

・タイトルのキーワード次第でアクセスに大きな差が出る
・半角スペースをしっかり使うこと
・相場に合った価格を設定する事
・魅力的に見える価格の法則を活用
・商品画像は重要!白の切り抜きが理想
・ヤフオクの販売ページには、デザインテンプレートを活用すること
・1度の出品では、3日程度あれば充分
・ターゲットがネットを使っている時間に合わせて終了時間を設定
・自動再出品を設定
・オプションでは、0.1%、0.2%プラスすると大きな差が出る
・アフィリエイトの利用にはチェックを入れる
・1つだけでなく色んなタイトルのページを作る
・複数個で入札率を高くする

 

出品方法

それでは、出品のコツがわかった所で、実際に商品を出品してみましょう。
まずは、ヤフオクのトップページへ http://auctions.yahoo.co.jp/

 

image040

 

右上にある「出品する」をクリックします。

 

image041

 

リストから選択しても構いませんし

 

image042

 

キーワードを入力し、キーワードから最適なカテゴリを探しても問題ありません

 

image043

 

カテゴリを選択するとこのような商品情報を入力する画面へと移動しますので、出品のコツを使いながら記入していきます。

 

image044

 

タイトルは出品のコツで記載したとおり、半角スペースを使用しながら出来るだけ検索に引っかかりやすくします。

 

image045

 

商品説明の部分には少し前のページ「販売ページにはテンプレートを使用する」で作ったHTMLを貼り付けます。ここで注意しておいて欲しいのは、HTMLを使用する際は必ず、赤枠HTMLタグ入力をクリックして貼り付けてください。ここを選択しておかないと、HTMLとして認識してもらえません。

 

image046

 

このように入力していきます。販売形式はオークション形式か定額で出品を選択するようにしましょう。出来る限り即決を設けるようにしたほうが落札率は上がります。開催期間は3日程度を目安に、終了時間はその商品を落札する人がネットをやっているであろう時間を設定。落札者が利用できる決済方法を記載します。

 

image047

 

返品に関しては、返品可としておきましょう。到着から3日、7日以内などと条件を付けておくと後々のトラブルが無くなります。

 

image048

 

「画像登録画面へ」をクリック

 

image049

 

掲載したい画像を選択します。最大で3枚まで掲載可能です。ファイルをアップロードしたら、「終了して戻る」をクリックします。

 

image050

 

自動再出品期間は3回としておき、注目のオークションを設定する場合は、最低価格の20円ではなく、21円に設定しましょう。なぜなら最低価格の20円で設定する人がほとんどだからです。1円多い21円で設定すればさらに上位に表示されます。

 

image051

 

アフィリエイト(有料)の所は必ずチェックを入れておきましょう。1%の手数料はかかりますが、ここを入れておくと、ブログやWEBサイトなどで商品が紹介されるのでアクセスが2倍、3倍に増えます。

 

image052

 

確認画面へをクリック

 

image053

 

実際の販売ページプレビューや価格などの最終確認が出来ます。

 

image054

 

問題が無ければ、出品するをクリック

 

image055

 

このような画面が表示されれば完了です。このオークションの商品ページを見るをクリックすると実際の販売ページが表示されます。

 

image056

 

このように実際のページを確認する事が出来ます。
あとは、商品が売れるのを待ち、売れれば購入者への連絡や発送作業です。

 

取引、発送、その他

商品が売れた際はまずは、購入者様へ取引に関する詳細を取引ナビで送ります。

 

image057

 

マイページで「出品終了分」をクリックし取引連絡をクリックします。

 

image058

 

一番初めは、赤枠部分にチェックを入れ、3ステッププログラムDLフォルダにある取引テンプレート1を貼り付け、確認するをクリックします。

 

image059

 

内容に問題が無ければ、「投稿する」をクリックします。

 

image060

 

送信すると通常、1-3日程度で落札者より「何日に入金する」や「入金が済みました」といった連絡がありますので、入金確認をします。

 

問題なく入金の確認が出来れば、指定の発送方法で発送します。ヤフオクで商品を販売する際の主な配送方法をご紹介します。

 

クリックポスト
定形外郵便
レターパック
宅急便またはゆうぱっく

 

これらの4つが主な配送方法となります。商品によってはサイズの制限でクリックポストが使えなかったり、サイズオーバーでレターパックが使えなかったりしますので、事前に、どの配送方法が使用可能なのか確認するようにして下さい。

 

クリックポスト、定形外郵便の場合は、簡易発送のためA4サイズの茶封筒を利用するケースが多いです。クリックポストは最大3cmという上限がありますので、梱包で3cm以上にならないように気をつけてください。定形外郵便は重さで送料が決まりますので、ガチガチに梱包して送料が増えないように注意しましょう。

 

基本的には、緩衝材(プチプチ)を1周または2周すればある程度のダメージを防ぐ事が出来ます。

 

レターパックの場合は、郵便局で専用の封筒を購入し、その中に納まり重さ制限を超えなければ発送出来ます。これを使って発送する際も必ず緩衝材などを使い梱包はするようにしましょう。2種類ありますが、このような封筒です。

 

image061

 

宅急便やゆうぱっくで発送を依頼された場合は急ぎの商品であり、ダメージを受けない為に宅急便やゆうぱっくを利用するお客さんが多いので、ダンボールと緩衝材を使い綺麗に丁寧に梱包しましょう。緩衝材は新聞紙などで問題ありません。ダンボールは出来れば新品の綺麗な物が良いですが、無ければスーパーやホームセンターでもらえるようなもので構いません。

 

発送準備が出来れば実際に集荷に来てもらったり、自分で持ち込んだりします。時間の都合が合わない事もあるかと思います。その際はセブンイレブンに持ち込めばクロネコヤマト関係の荷物を受け付けてくれます。ローソンに持ち込めば郵便局関係の荷物を受けてもらえますので、コンビニに持ち込んでも発送可能です。

 

発送が完了次第、落札者の方へ「発送完了」の連絡をしましょう。この際に追跡番号がある発送方法であれば追跡番号も一緒に知らせます。

 

image062

 

「商品を発送しました」にチェックを入れ、取引テンプレート2を使用し、購入者へ配送が完了したことをお知らせします。以上でヤフオクでの販売から取引終了となります。

 

まとめ

・連絡、発送は出来るだけ早く対応
・配送時の重さ、サイズなどには気をつける
・梱包に無駄なコストはかけない
・想像以上に商品は丁寧に配送されている