輸出入ビジネスでの利益率はどれくらいを目安に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
copywriting

今日は、輸出入ビジネスでの利益率は、どれくらいがベストな設定なのかについてお話していきます。輸出入ビジネスは利益率が良い!!と聞いたことはあるかもしれませんが、実際は商品によって違います。利益率5%の商品もあれば30%、50%、100%の商品もあります。

自分の現状に応じて目安を変えていく

今までの経験から行くと、売り上げに応じて利益率の目安を決めていくといいと思います。たとえば、売り上げが月に

50万円までは利益率50%、売り上げ50万、利益25万

200万までは、利益率40%、売り上げ200万、利益80万

500万までは、利益率30%、売り上げ500万、利益150万

 

最低でも利益率は30%以上は取るようにしています。これ以上下げてしまうと、薄利多売の重労働になり、売れなくなった時や返品などに対するリスクが高くなってきます。売上500万くらいあでれば充分に一人で作業出来ます。

 

もちろんこれはあくまで目安ですので参考程度にどうぞ。中国輸入であれば、利益率300%、200%、100%の商品なんかもザラにありますし、そんな商品を作り出す事も出来ます。もしあなたが既に中国輸入を始めているのであれば、「商品を作り出す」事を意識してみてください。今までと違った視点でビジネスができます。

 

あとは原価率を抑える事もポイントになってきます。原価率は仕入れの数が増えれば必然的に低くなってきますが、始めのうちはいかに原価を抑えるか!に着目すると伸びが早くなります。

 

国内の業種別利益ランキング http://gyokai-search.com/5-riritu.html

ここのサイト見てもらえばわかるうに、ランキング1位でも利益率は、19%です。そう考えると、いかに輸出入ビジネスが魅力的かって事がわかりますよね。

 

自分が好きなティムフェリスは売り値は原価の10倍くらいにしろ!って言ってました。この辺のレベルになると、少し応用を加えていかないと達成できませんが、不可能・・・・って訳でもないです。

隣人と張り合う人生から撤退しよう。ティム・フェリスの週4時間 

週4時間の労働で結果を出し続ける男 ティム・フェリスの仕事術 

本も出してて、斬新・革新的なんで、ニューリッチに興味がある方はどうぞ。

 

PS

 

さ、月末です。ぼちぼち8月分の売上集計したり、ノートにレシートペタペタ張っていきますか。海外旅行に良く行くんですが、観光で行けばもちろん経費になりませんが、仕事目的であれば経費で落とせます。その判断基準が、どこに行って、何をして、何を調べたかみたいなノートがあればいいんですって!もしこの記録が無ければ落とせないそうです。税務署の人が一番目をつけやすくて、突っ込みやすいのがこれなんですって。「観光で行ってたんじゃないですか?」「こんなアクティビティしてるじゃないですか?」こんな感じで突っ込んでくるそうなんで、もし海外に仕事で行く場合はしっかりと記録しておきましょう。



無料E-BOOK : 1000年経っても変わらない、中国輸入ビジネスを学びませんか?

超初心者でも7日間で中国輸入・ECビジネスの基本と応用を理解出来るように、画像付きで解説。

・アカウントの解説方法
・ライバル不在で販売するブルーオーシャン戦略
・721円の仕入れで4279円の利益を出す販売テクニック

ここで紹介したのは、ほんの一部ですが、E-BOOKをダウンロードする事で5年以上のビジネス経験で確立したプロのノウハウを手に入れる事が出来ます。輸入ビジネスを通して、あなたが理想のライフスタイルを手に入れるお手伝いが出来ればと思います。

さらに詳細を確認

SNSでもご購読できます。

コメントを残す