季節商品を仕入れて失敗。から学んだ販売戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
trend

中国輸入を始めた頃に、夏物の季節商品を大量に仕入れた事がありました。仕入れた商品はusb扇風機。その当時は夏は始まりで色々なサイトでusb扇風機がランキングの上位を占め始めていました。もちろん、この波に乗って夏まで売りまくろう!って考えだったのですが・・・・・

遅すぎた仕入れと、仕入れ商品がなかなか届かない

実際に仕入れをしたのが、暑くなり始める6月の終わり、商品の到着予定が7月中旬だったのですが、実際に商品が届いたのは、7月の終わり、とにかく遅すぎたんです・・・・商品が到着して2週間くらいは予想通りに売れていきましたが、8月の終わりはもう、ガクッと売れなくなります。どれだけ値段を下げようが売れません。在庫処分のしようもなかったんです。

 

なぜ大量に売れ残ってしまったのか?

もう答えは単純で仕入れた時期が遅すぎた!これにつきます。季節物の商品を仕入れる時は、夏物であれば、5月に仕入れ、6月には販売開始。冬物であれば9月仕入れ10月販売開始。これぐらい先取りして仕入れ、販売を開始しましょう。シーズン商品はオフの時期にはまったく売れません。季節商品を販売する際は、早め早めに行動していきましょう。

 

でも爆発力はやっぱり凄い!

季節商品だけでなく、その時期のトレンド商品というものは、売れ行きが恐ろしいくらいすごいです。2,3か月くらいでバーンと売れてその後はスパっと止まります。年中安定して売れる定番商品を販売しながらもトレンド商品を販売していくというのがオススメです。

 

もしあなたが、季節・トレンド商品を販売しようとしているのであれば「早めに」これでもか!ってくらい早めに行動しましょう。また、2,3か月先取りしている海外のサイトなどを有効に活用すると、国内での予想も立てやすくなります。日本ってのはアメリカの真似したい国で、いつも2,3か月または1,2年遅れてトレンドが入ってきます。トレンドを先取りするにはこれしかないと思いますね!

 

さいごに

11月には法人化、税理士とも顧問契約。攻めつつも守りを固めていきます。何事もバランスですよね。サッカーしてたんでサッカーに例えると、みんな攻撃ばっかりしてても、ディフェンスしないから点入れられる。ディフェンスばっかりだと勝てない。かといってバランスがよければいいわけでもなく、バランス良く+何かひとつ他よりも抜けてる(得意な事)部分があれば勝てる気がします。攻めつつ、守りつつ、何か一つ強みを作る。



無料E-BOOK : 1000年経っても変わらない、中国輸入ビジネスを学びませんか?

超初心者でも7日間で中国輸入・ECビジネスの基本と応用を理解出来るように、画像付きで解説。

・アカウントの解説方法
・ライバル不在で販売するブルーオーシャン戦略
・721円の仕入れで4279円の利益を出す販売テクニック

ここで紹介したのは、ほんの一部ですが、E-BOOKをダウンロードする事で5年以上のビジネス経験で確立したプロのノウハウを手に入れる事が出来ます。輸入ビジネスを通して、あなたが理想のライフスタイルを手に入れるお手伝いが出来ればと思います。

さらに詳細を確認

SNSでもご購読できます。

コメントを残す