中国輸入=安売り大会なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
f0107865_15575416

いろいろなブログや本、雑誌、DVDなどで簡単に輸入ビジネスについて勉強する事が出来る素晴らしい時代なのですが、

その反面、誰でもスタート出来るように作業がテンプレート化されており、ビジネスの本質を理解しないで、みんながみんな言われた通りに同じ事をするので、コーラの安売り大会のような状況です。いつまで、こんな肉体労働のようなビジネスを続けるつもりですか?

コーラの安売り大会とは?

コーラの安売り大会とは、誰でも仕入れる事が出来るコーラを、同じ方法で販売するため、Aさんは120円、Bさんは110円、Cさんは100円と値段で勝負する状況になってしまっているのです。お客さんとしては、同じ商品なら当然安いほうがいい訳で、誰から買っても同じなので、あとは「この人から買ってトラブルにならないか?」だけ確認すれば良いわけです。要するに販売者の評価です。

 

商品が腐ったり、相場が急落する事がある

コーラであれば、商品自体がすぐに腐るという事は無いですが、魚だったら1週間で腐るわけで、季節商品(例:クリスマス商品など)であれば、シーズンが終わった瞬間に需要が無くなり、次のシーズンまでは腐ったと同じです。次のシーズンに売れれば、まだ良いですがトレンドが新しいものになれば完全に腐ります。

 

それに、安売り大会なので、誰かが赤字でも良いから在庫処分してしまおう!と考えた瞬間に100円のコーラが50円になったりします。一度こうなってしまえばこの商品から利益は出ないも同然です。タダでコーラの販売代理をやっているようなものです。

 

こんな中でも稼ぐセラーとは?

安売り大会、商品は腐る、相場急落。こんな中でも資金と知識と行動力があるセラーは儲けています。まとめ買いする事で、仕入れ価格を下げ。代行業者を省く事で中間コストを削減し、リサーチは、ツールの活用や外注化する事で、「数」でカバーして、一定のルールを持ち、商品が腐る前に売り抜けて、次の商品へ移動。

 

こんな感じで、無駄を省きチームを作っている人たちは、パイの奪い合い・コーラの安売り大会でも稼ぐ事が出来るのです。

 

あなたから買う必要性を作る

Amazonでいえば、既にページが存在している商品に乗っかって販売する事を相乗り販売と言ってコーラの安売り大会と同じです。もちろん初心者がこの方法をやっても10万、20万であれば充分に稼ぐ事は可能なのですがそれ以上を稼ぎたいと思えば、横取り販売だったり新規販売と言って、「差別化」だったり「オリジナリティー」を生み出し、あなたから買う必要性を作るべきです。

 

横取り販売をコーラで例えれば、コーラの安売り会場の横で、キンキンに冷えたコーラを切り口に販売しても買ってくれる人はいるでしょうし、海外でよくあるbuy5 get 1 free5つ買えば1個無料なんて方法で、売り上げ総額を上げるような戦略でも需要はあるでしょう。横取り販売とは、私が考えた手法で勝ち目があれば、新規にページを作り、+1以上の魅力を与え、お客さんを奪い取る方法です。

 

新規販売とは?

新規販売の事は知っているけど、難しそう・・自分には無理・・売れるの・・?と思っている人が多いので、その壁を乗り越えることが出来れば、圧倒的に稼げる方法です。横取り販売も新規販売の一種ですが、需要があるけど供給が無い商品を市場(amazonなど)で提供する事を新規販売と言っています。

 

今、販売者の80%は、「需要 < 供給」の商品を売って、市場全体の20%の売り上げを奪い合い、20%の販売者が「需要 > 供給」の商品を販売し80%の売り上げを出しています。パレートの法則です。

 

輸入ビジネスの基本中の基本「需要と供給」を意識せずに、数字ばかり見ている結果が安売り大会に繋がっているのでは無いでしょうか?ビジネスでは必ず相手がいる訳で、需要があるけど供給が少ない商品を適正価格で提供する事で、対価として報酬(お金)を貰えるものだと思っています。

 

さいごに

最近の中国輸入のトレンドはタオバオ仕入れです。http://nakano-ws.com/archives/11090 過去記事で、なぜタオバオがポピュラーなのか書いていますのでまだ知らない方は参考にどうぞ。相乗り販売=タオバオ仕入れと思われがちですが、

 

決してタオバオから仕入れて販売する事が悪いと言っているわけではなく、タオバオを使うことで中間コストがかかる事や、配送に時間がかかる事、品質が安定しない事が問題だと、いつも言っています。タオバオからでも中国語で販売者とコミュニケーションが取れて、直接仕入れる事が出来れば利用しても良いと思っています。

 

私は中国語が出来ないので、基本的にAliexpressで英語を使って現地セラーとコミュニケーションを取り、価格・配送・品質を安定させています。Aliexpressをアメリカのサイトと思っている人が多いようですが、販売者は中国人だけど外人向けのホールセールサイトなので言語が英語になっているだけです。

 

相乗り販売で結果を出すのではなく、相乗り販売で中国輸入の全体図、Amazonでの販売方法などを理解して、徐々に横取り販売や新規販売といった方法に切り替えていくのがベストだと思っています。



無料E-BOOK : 1000年経っても変わらない、中国輸入ビジネスを学びませんか?

超初心者でも7日間で中国輸入・ECビジネスの基本と応用を理解出来るように、画像付きで解説。

・アカウントの解説方法
・ライバル不在で販売するブルーオーシャン戦略
・721円の仕入れで4279円の利益を出す販売テクニック

ここで紹介したのは、ほんの一部ですが、E-BOOKをダウンロードする事で5年以上のビジネス経験で確立したプロのノウハウを手に入れる事が出来ます。輸入ビジネスを通して、あなたが理想のライフスタイルを手に入れるお手伝いが出来ればと思います。

さらに詳細を確認

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 一木翔太 より:

    初心者でも出来る工夫をわかりやすく説明していただきありがとうございます。
    現実の商品を見て売るためにしている工夫を考えてみるようにしてみます。

    1. 中野翔太 より:

      一木様

      コメントありがとうございます。
      色んな工夫で利益は増えますので、ぜひ考えてみてください。

      中野

コメントを残す