中国輸入で悪徳な代行業者を使うと儲かるデータが盗まれる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Internet Theft

一般的な中国輸入といえば、タオバオで商品を見つけて、代行業者に依頼して、商品を受け取る。日本語だけで完結するこの流れが一般的なのですが、

代行業者を利用する際のデメリット・リスクも認識しておく必要があります。少し前、中国人の業者と話したときは、一部の業者は代行を依頼された儲かる商品リストを基に自社でamazonへ納品またはデータの転売をやっている所もあるそうです。他にもいくつかデメリットがあるのでご紹介します。

悪徳業者について

この記事は、全ての代行業者が悪いと言っているのではなく、悪い業者も存在しているという事を知ってもらう為の記事です。「はじめに」でも書いたように、よくよく考えてみれば悪徳セラーにとって、最強のリサーチ術は代行業をする事ではないでしょうか?

 

一度、現地パートナーと注文→検品→発送の仕組みさえ作ってしまえば、誰でも低コストで始める事ができ、集客さえやれば毎日毎日、お客さんから儲かる商品データが送られてくる。その中でも儲かる商品だけを依頼された数より多めに仕入れて、amazonで販売。またはデータを転売。これが目的だから代行手数料が1%でも成り立つわけです。代行業が赤字でもボロ儲けです。

 

代行業者が必死になってタオバオでの稼ぎ方を教えてくれる理由

色々な仕入れ方、販売方法があるのに、「タオバオで仕入れて相乗り販売」がポピュラーになっているのは代行業者がこの稼ぎ方を色んなところで公開しているからです。「タオバオで仕入れて相乗り販売」を一人でも多くのユーザーにやってもらうことで、代行業が成り立つからです。

 

もちろん、この販売方法で誰でも稼ぐ事が可能ですが、「誰でもマネ出来る方法」なので次から次にライバルが出てきて、車のガソリンを追加するように新商品を追加していかないと燃料切れで売上げが落ちていきます。どんどん商品を追加していける体力と資金と時間があれば、良い販売方法です。

 

普通の代行業者は、「代行手数料」「為替の差額」「送料の差額」「値下げ交渉」「もっと安い店で購入」このあたりで利益を出していて、悪徳業者はデータでも稼ぎます。今、使っている業者が安全なのか、信頼できるのか確認しておきましょう。

 

taobaoorder1

 

依頼したページから本当に購入しているのか?は赤枠をクリックすると見れます。送料の差額は複数の店舗で比較して、為替はyahooのレートで確認すればボッたくられる可能性は減ります。あとは商品が代行業者に届いて計測してみるとメチャクチャ重くて法外な送料を請求される事もありますので、多少高くても、実績のある業者を利用すべきです。

 

直接仕入れのメリット

私がここまで結果を出せているのは、現地パートナーを作る事を意識して直接仕入れで「マネされないように販売しているから」です。壁があるといえば「英語」ですが、中学生レベルの英語しか使ってません。それで代行業者を利用するリスク、コストを削減でき、配送スピードも格段に速くなります。平均で注文から7日で届いています。無料講座で少しだけ公開してますので、このような販売方法に興味がある方はどうぞ。



無料E-BOOK : 1000年経っても変わらない、中国輸入ビジネスを学びませんか?

超初心者でも7日間で中国輸入・ECビジネスの基本と応用を理解出来るように、画像付きで解説。

・アカウントの解説方法
・ライバル不在で販売するブルーオーシャン戦略
・721円の仕入れで4279円の利益を出す販売テクニック

ここで紹介したのは、ほんの一部ですが、E-BOOKをダウンロードする事で5年以上のビジネス経験で確立したプロのノウハウを手に入れる事が出来ます。輸入ビジネスを通して、あなたが理想のライフスタイルを手に入れるお手伝いが出来ればと思います。

さらに詳細を確認

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す