中国輸入は過酷すぎるし儲からない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
hard-work

明けましておめでとうございます。今日から仕事始めます。皆さんも年末年始は仕事の事を忘れ、家族・友達と楽しい時間を過ごしリフレッシュ出来たのではないでしょうか?年末年始は皆さん、自分と向き合う時間が増えたみたいで、無料講座、コンサルティングへの申し込みが殺到しました。

 

2015年こそは稼いでやる!!って人が多いって事ですね。嬉しいです!!信じてくれる方たちは、全力でサポートしますので、頑張りましょう。

過酷すぎる中国輸入

最近、メールでこんな相談を受けます。「中国輸入が過酷すぎる」「1日10時間作業しても月に10万しか稼げなかった」自分自身、そんなに過酷だと感じたことが無かったので、詳しく聞いてみると、実行しているノウハウ(方法)が、「利益は少なくても良いから、とにかく1円でも利益が出るならどんどん商品数を増やしましょう」という、メチャクチャなノウハウを実行させられていたのです。

 

既に販売されている商品ページに乗っかって利益が無くなるまでライバルと値下げ競争をするそうです。そんな事をやっていれば過酷になるのは目に見えてます・・・

 

資金力で戦うのか?

輸入初心者、ビジネス初心者であれば、何も疑わずに実践してしまいそうですが、確実に初心者向きではありません。薄利多売で利益を出す事も可能ですが、徹底した仕組み、外注化が必要で、大金を動かせる人が勝つ世界です。

 

資金力のない私たちでは、とても勝ち目はありません。中国輸入で薄利多売をやっている方の利益率は5%~10%程度ですので、100万稼ぐためには1000万円以上の売上を出さないといけません。

 

1000万円売り上げて利益が100万円よりも、200万売り上げて100万利益のほうが、作業時間も少なく、資金効率も良くなるわけです。利益率を高くするだけで、100万円の利益を出すための資金・時間も大幅に削減出来るのです。

 

中国輸入で利益率が5%、10%しか出ないのであれば、正直言うと国内の転売とかやったほうがよっぽど儲かりますし、バイトしたほうが稼げるのでは?なんて思ってしまいます。

 

利益率の高さが重要

なぜ、中国輸入をやるかと言えば、利益率の高さで。最低でも50%くらいは取らないとやる意味がありません。

 

 今までの中国輸入 これからの中国輸入
売上金額1000万円
200万円
商品単価2000円2000円
取扱商品数200種類10種類
合計販売数(月)5000個1000個
1商品あたり販売数25個100個
利益100万円100万円
利益率10%50%

 

賢い人たちは、薄利多売ではなく、利益率が高く1つの商品を100個、200個と売る手法に変える必要があると気づき始めています。輸入の基本やAmazonの使い方をある程度、理解しているので、教える側としても楽なのですが、たまに困るクライアントがいて、今までの薄利多売のノウハウから抜けることが出来ず、OOOOをやって下さい。XXXXでいきましょう!と伝えても、薄利多売のノウハウをやってしまいます。成果が出る人はしっかり新しい手法に切り替えることが出来る人です。

 

  1. 利益率は50%以上取る販売方法
  2. 1商品を100個、200個売る販売方法が重要
  3. 作業時間を短く出来るような販売方法
  4. 新しいノウハウを実行する時は過去は忘れる

 

このような販売方法に変えていけば、過酷な中国輸入が美味しい中国輸入に変わります。



無料E-BOOK : 1000年経っても変わらない、中国輸入ビジネスを学びませんか?

超初心者でも7日間で中国輸入・ECビジネスの基本と応用を理解出来るように、画像付きで解説。

・アカウントの解説方法
・ライバル不在で販売するブルーオーシャン戦略
・721円の仕入れで4279円の利益を出す販売テクニック

ここで紹介したのは、ほんの一部ですが、E-BOOKをダウンロードする事で5年以上のビジネス経験で確立したプロのノウハウを手に入れる事が出来ます。輸入ビジネスを通して、あなたが理想のライフスタイルを手に入れるお手伝いが出来ればと思います。

さらに詳細を確認

SNSでもご購読できます。

コメントを残す