家計簿レベルでも良いので、会計をやると売り上げが倍増します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
bookkeeping-tips-597x345

商売をやっていれば、会計・お金の管理は避けて通れないのですが、慣れないうちは「めんどう!」って思ってしまいますよね。実際に自分も初めのうちは、どんぶり勘定で口座にある金額を見て、増えてるなー。減ってるなーって感じでやっていました。

 

会計うんぬんよりも、まずはスタートする事が1番大切なのですが、出来るだけ早いうちに会計もスタートしましょう。

額が大きくなると、会計は必須

 

1

 

個人レベルで売上100万円程度であれば、正直言うと会計なんてやらなくてもいくら使って、いくら入ってきたか?くらいは把握出来るので問題ありませんが、仕入れ、売上、経費の金額や項目数が多くなってくると、管理が出来なくなってきます。

 

管理が出来ていないという事は死活問題です。それぞれの商品では利益が出ていて儲かっている感覚であっても、ちょっとした事で黒字倒産も充分にありえます。現に多くの会社が黒字倒産をしています。これは会計、在庫などのコントロールが出来ていないからです。

 

中国輸入で書くべき最低限の会計項目

 

2

 

  1. 仕入
  2. 売上
  3. 経費
  4. 現預金

 

この4つくらいは最低でも記録するようにしましょう。これだけで、どれくらいの利益が出ているのか?どれくらい仕入れに使えるお金があるのか?を把握できるはずです。

 

家計簿でも、ノートでも、エクセルでもいいのでこの4つが把握出来るようにしましょう。手数料など細かい項目も全て書ければいいのですが、まずは完璧では無くても良いので始めてみましょう。

 

エクセルで使えるテンプレート

 

こちらのサイトでエクセルテンプレートがダウンロード出来るので、自分の好みのテンプレートを使って初めてみましょう。

 

会計ソフトについて

 

ダウンロード

 

理想は有料の会計ソフトを使い、全てを把握する事です。自分の場合は、家計簿レベルで初め、会計ソフトを導入してから資金繰りが明らかによくなりました。動く金額が大きくなれば、ひたすら仕入れまくって売上を伸ばせばいいわけではなく、手元にある現預金とのバランスも考えて仕入ないといけません。それに、決算書なども全て自動で作ってくれるので楽です。

 

無料のおススメ会計ソフト

http://www.freee.co.jp/ Freee

 

有料のおススメ会計ソフト

http://www.yayoi-kk.co.jp/products/account/ 弥生会計

http://www.lan2.jp/acc/std2.html わくわく財務会計

 

弥生会計はAmazonのランキング1位になっている人気の会計ソフトです。操作もそんなに複雑ではないので、少し扱うだけで誰でも綺麗な会計が出来るようになると思います。

 

税理士について

 

3

 

ある程度、売り上げが増えてきて、法人化してビジネスとして確立したいのであれば税理士さんにお願いする事を考えても良いでしょう。値段はピンキリで月額5000円~5万円程度、平均として月額2万円程度が相場のようです。

 

年間で24万円+決算手数料などで30万円を超えるのですが、青色申告の65万円控除や節税テクニックで税金を安く出来、会計も強くなると考えれば決して高い金額では無いと思います。個人的には地元の税理士でこまめに会えて、融通が利き、新しい事を取り入れている税理士を選ぶと良いと思います。

 

間違っても、脳みそガチガチの融通が利かない税理士は選ばないようにしましょう。自分のビジネスのお金にさえ口出ししてくる税理士もいて自由に商売が出来なくなった・・・なんて話も聞きます。



無料E-BOOK : 1000年経っても変わらない、中国輸入ビジネスを学びませんか?

超初心者でも7日間で中国輸入・ECビジネスの基本と応用を理解出来るように、画像付きで解説。

・アカウントの解説方法
・ライバル不在で販売するブルーオーシャン戦略
・721円の仕入れで4279円の利益を出す販売テクニック

ここで紹介したのは、ほんの一部ですが、E-BOOKをダウンロードする事で5年以上のビジネス経験で確立したプロのノウハウを手に入れる事が出来ます。輸入ビジネスを通して、あなたが理想のライフスタイルを手に入れるお手伝いが出来ればと思います。

さらに詳細を確認

SNSでもご購読できます。

コメントを残す