輸入ビジネスでクリスマスと年末商戦にチャレンジすると大赤字?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
stock

12月24日のクリスマス、年末商戦が近づいてきて、何か売れる商品は無いか?と必死にリサーチしていませんか?今更リサーチを開始しても遅いですよ。部屋中サンタのぬいぐるみに囲まれて過ごすクリスマスなんて嫌ですよね?

 

現に、中国輸入をはじめたての頃に、シーズン到来のギリギリに季節物商品を大量に仕入れて、在庫不良になった事があります。時期さえ間違わなければ大量販売が可能なのですが、時期を間違うと痛い目に合いますよ・・・

季節商品について

 

santa

 

まず、季節商品は需要が出始めると、爆発的に売れます。例えば扇風機とかです。夏以外はほとんど誰も欲しがらないけど、6月くらいから徐々に売れ始めます。そして8月くらいをピークに売れ行きは落ちていくのですが、ピーク時にはとにかく売れます。

 

なんせ日本の人口1億人くらいが何かを購入しているといっても過言ではありません。ピークにあわせて、仕入れ・販売・販売停止がしっかりと出来るように計算しましょう。

 

ピークとは?

 

peak

 

扇風機の場合は、6月から売れ始め8月くらいにピークを迎え、9月以降は急激に売上げは落ち込むでしょう。この場合は、6月の時点で既に販売を開始しておかないといけませんので、5月くらいから仕入れ始めます。

 

そして、売上げが落ちる9月以降は販売を停止します。ピークから落ち始めた時点でスパッと見切りをつけましょう。まだ売れるからとズルズル販売していたら気づいた頃にはパタッと売れなくなり、部屋が扇風機だらけになってしまいます。

 

タイトルにあるクリスマスを例に出しましょう。クリスマスの関連商品は12月20日くらいがピークでしょう。それ以降に購入しても23日、24日、25日に届かない可能性もあるので、皆遅くても20日くらいまでに購入します。

 

しっかりしている人は、12月の始めごろに購入しているでしょう。この場合は、ピークが12月20日、売れ始めるのが12月はじめですので、仕入れ時期は11月の初めまたは10月末となります。

 

仕入れ時期が早すぎない?

 

Hurry man

 

トレンド商品を販売するという事は時間との戦いです。本当にギリギリ最短で計算して仕入れをして、問題なく届けば良いのですが、そういう時に限って、インボイスの不備や送付先の間違い、中身が違うなどトラブルが発生しやすいものですので、トレンド商品に関しては、余裕を持って仕入れるようにしましょう。

 

さいごに

昨年の販売状況をしっかりリサーチし、仕入れの時期さえ間違えなければ、バカ売れします。仕入れ時期を間違うと、1年間在庫と過ごす事になります。

 



無料E-BOOK : 1000年経っても変わらない、中国輸入ビジネスを学びませんか?

超初心者でも7日間で中国輸入・ECビジネスの基本と応用を理解出来るように、画像付きで解説。

・アカウントの解説方法
・ライバル不在で販売するブルーオーシャン戦略
・721円の仕入れで4279円の利益を出す販売テクニック

ここで紹介したのは、ほんの一部ですが、E-BOOKをダウンロードする事で5年以上のビジネス経験で確立したプロのノウハウを手に入れる事が出来ます。輸入ビジネスを通して、あなたが理想のライフスタイルを手に入れるお手伝いが出来ればと思います。

さらに詳細を確認

SNSでもご購読できます。

コメントを残す