中国の正規代理店から本物を輸入したら偽物だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
872f682f-f976-4328-b1ac-9422a574ef4e

輸入ビジネスを始めた頃に、私が販売してる商品は100%本物で正規代理店です!ってセラーと出会い、彼から商品を購入したのですが、いざ日本の税関で検査されてみると偽物でした。中国人は信用しないとその時誓いました。

税関はどうやって偽物か?本物か?見極めているのか?

つい最近、税関の職員の方と話す機会があり聞いてみました。まず、偽物であれば税関で差し止められ処分されるのですが、どうやって「これ、偽物です!!!」って税関の職員が判断してるのか疑問に思った事ありませんか?

 

基本的には、ブランド権利者からの申請を基準に審査、判断しています。申請が無いブランドに関しては、税関に差し止め・処分をする権利はありません。税関職員が知っているブランドでそれが偽物だったとしても、申し立てが無ければ何もできないそうです。

 

ブランドからから本物の特徴、偽物の特徴が伝えられそうです。アルファベットのOが0に近いとかですね。

 

ブランド品は扱わない!

利益が出る商品が見つかりやすいのは事実ですが、扱わないのがベストです。中国にも100%本物の正規代理店は存在していますが、それでもあんまり信用しないほうが良いと思います。中で働いている人たちはメチャクチャな事やってたりする話を中国の深圳にいるパートナーに聞きました。

 

ヨーロッパブランドで製造は中国なんて商品も数多くありますが、ヨーロッパの会社なんかは知的財産権、商標権なんかにかなり厳しいです。たとえば、それが本物であっても日本で販売できるのは代理店のみ。とかですね。

 

amazonの場合、警告が来て、それでも対応しなければアカウントは、あっさりと削除されます。まったく聞いた事が無く、ブランドじゃないと思っている商品なんかでもガンガン警告を出してきますので、扱わないほうがいいでしょうね・・・^^;

 

ちなみに、このサイトでブランドから申請があるのか無いのかわかるので、確認しておくといいでしょう。 http://www.customs.go.jp/cgi-bin/iscreate.cgi?SDB=&LANG=ja_JP,ipstj

 

中国ブランドは100%偽物と思っておいたほうがいいですよ。批判する訳ではありませんが、根本的な考えが違うので、彼らは偽物を作る事、売ることに罪悪感を感じません。

 

中国輸入をやるなら確実にノーブランド品を上手く売る事ですね。既にある製品からあなただけのオリジナルブランドを作ることも簡単に出来ます。ブランド力がつけば他社との差別化や、価格でかなり優位に立てますので、ブランド化に力を入れてみてください。



無料E-BOOK : 1000年経っても変わらない、中国輸入ビジネスを学びませんか?

超初心者でも7日間で中国輸入・ECビジネスの基本と応用を理解出来るように、画像付きで解説。

・アカウントの解説方法
・ライバル不在で販売するブルーオーシャン戦略
・721円の仕入れで4279円の利益を出す販売テクニック

ここで紹介したのは、ほんの一部ですが、E-BOOKをダウンロードする事で5年以上のビジネス経験で確立したプロのノウハウを手に入れる事が出来ます。輸入ビジネスを通して、あなたが理想のライフスタイルを手に入れるお手伝いが出来ればと思います。

さらに詳細を確認

SNSでもご購読できます。

コメントを残す