中国でOEM、オリジナルブランドを作り出す8つのコツと費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
engraved-logo-on-wood-psd-mockup_302-2279

中国では、たくさんの商品があるので、パッケージ、ロゴ、説明書などを変える事で簡単にあなただけのオリジナルブランドとして販売する事が出来ます。法人も同じような事をやっています。

どれくらいの費用を目安に?

ロゴ刻印 5円~15円
オリジナルステッカー 3円~30円
OPPパッケージ 2円~20円
布バッグ 10円~30円
説明書 5円~20円

 

だいたいこれくらが目安になりますが、ロット数、地域などによって値段は変わってくると思います。基本的に伝える力があれば全て中国で完結させることもできますが、初心者の方は、ロゴ刻印だけやってもらい、パッケージングは自分でやる。など、確実に中国で失敗できずにやるのがいいでしょう。

 

http://raksul.com/ 格安印刷会社のラクスル

たとえば、中国でステッカーを作るとどんな商品が届くかわからない・・・そんな場合はステッカーだけ国内で印刷なども出来ます。時と場合でうまく国内、海外使い分けていきましょう。

 

OEMで注意するべき8つのコツ

  1. ワード、エクセルなどの文書で依頼しない。画像で依頼。中国っぽい日本語フォントになります。
  2. サンプルを送ってもらう、一気に大量注文しない。
  3. カテゴリーごとに信頼できるエージェントを見つける
  4. パッケージ、ロゴデザイン等は日本国内のプロに依頼する事。製品がしょぼくてもデザインでカバー
  5. 値下げ交渉すれば、あなたが予想しているよりも破格の値段でやってくれる
  6. しつこいかも・・・・ってくらい要望を伝えておく
  7. こっちが依頼主だからって!「~しとけよ!ちゃんとやれよ!」みたいな横着な態度はとらない。
  8. 商品選びはしっかりと

この8つはしっかりと抑えておきましょう。依頼先で有名なところとしては、

 

aliexpress – http://www.aliexpress.com/

alibaba – http://japanese.alibaba.com/

taobao – http://www.taobao.com/market/global/index_new.php

 

このへんで、信頼できそうなセラーを見つけて連絡を取り、話を進めていくのがいいでしょう。評価などを見ればある程度ですが、信頼できそうか信頼できなさそうかがわかります。

 

 

ブランド力=付加価値

ブランドを構築するというのは簡単な事ではありませんが、お客様に「満足」と「驚き」を与え続ければ、あなたのブランドのファンは増えていきます。マーケティング手法にもよりますがブランドとして認知されるまでには2年~5年くらいはかかると思いますが、ブランド化することは大いに価値があることだと思います。あなたのブランドの製品が買いたい!と思ったお客様は他社と比較するよりも、あなたのブランドの製品内で比較するようになります。

 

さいごに

今日は天気が良いので、サーフィンしてきます。^^ 波が無くても海を見ながらぷかぷか浮いて考え事するのもいいですしね。やる時とやらない時のメリハリだけはしっかりとつけましょうね。日本人はついつい遊んでる時も、休日も仕事の事を考える傾向にあるので、外人のようなONとOFFのスイッチの入れ方は学ぶべきです。最近ではヤフーのトップニュースにドイツ、ダイムラーの休暇中のメール全削除の件が出てましたね。

http://jp.autoblog.com/2014/08/21/daimler-mercedes-email-work-holiday/

休暇中くらい、仕事の事は完全に忘れたいものですね。



無料E-BOOK : 1000年経っても変わらない、中国輸入ビジネスを学びませんか?

超初心者でも7日間で中国輸入・ECビジネスの基本と応用を理解出来るように、画像付きで解説。

・アカウントの解説方法
・ライバル不在で販売するブルーオーシャン戦略
・721円の仕入れで4279円の利益を出す販売テクニック

ここで紹介したのは、ほんの一部ですが、E-BOOKをダウンロードする事で5年以上のビジネス経験で確立したプロのノウハウを手に入れる事が出来ます。輸入ビジネスを通して、あなたが理想のライフスタイルを手に入れるお手伝いが出来ればと思います。

さらに詳細を確認

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す