amahack初期設定、使用方法

AmazonMWSアカウントを取得

1

AmazonマーケットプレイスWEBサービス(MWS)のアカウントを取得 「登録する」をクリック

 

 

2

Amazon大口アカウントへログイン

 

 

3

「出品用アカウントでマーケットプレイスWebサービスを利用します」を選択して、「次へ」をクリック

 

 

1

同意するにチェックを入れて次へ

 

2

 

 

Amahackでの設定

必ずマニュアルを読んで、説明どおりに設定を進めていってください。まずは、出品者ID、マーケットプレイスID、AWSアクセスキーID、秘密キーの4項目をAmahackのユーザー設定より登録します

3

 

4

 

文字列の前後にスペースがあると動作しないので、必ず各文字列の前後にスペースが無い事を確認してください。マーケットプレイスIDの後ろに付いている「(Amazon.co.jp)」この文字は不要ですので、削除して登録をお願いします。

 

メール設定

5

 

amahackの動作をスタートする場合は、「メール送信する」にチェックを入れて下さい。チェックを入れないとメール送信がスタートしません。送信をストップしたい場合もチェックを外す事でストップ可能です。「BCCで自分に送る」にチェックを入れると、amahackから送信したメールがあなたのメールアドレスにも届くようになります。

 

6

 

1通目、2通目、3通目のメールを設定する事が出来ます。Amahackでは、以下の差し込み文章を利用する事が出来ます。

 

%%購入者%%  =購入者の名前
%%注文ID%%  =商品の注文番号
%%商品名%%  =商品名
%%ASIN%%     =ASIN

 

差し込み機能サンプル

購入者=田中 商品名=みかん10個

 

Amahack側

%%購入者%%

この度は、%%商品名%%をご購入頂き誠にありがとうございます。

 

上記のようにamahack側で設定をすると、下記メールが送信されます。

 

Amazon側

田中

この度は、みかん10個をご購入頂き誠にありがとうございます。

 

このようにお客さんの情報が挿入されたメールが送信されます。

 

メール送信のタイミング

0日後〜設定が可能となっております。Amahackでは、毎日午前3時に注文データを取得し、午前7時~順番にメール送信をスタートします。出荷ステータスとしては、保留(pending)未出荷(unshipped)出荷済み(shipped)の3つのステータスがあり、出荷済み(shipped)のステータスとしてamahackに入ってきた時点を基準に設定した日数後にメールを送信します。

 

 

0日後(当日)に設定した場合の送信例

1月1日の午後9時に出荷済みになり

1月2日の午前3時に出荷済みのステータスでamahackに反映

1月2日にメール送信

 

1日後に設定した場合の送信例

1月1日の午後9時に出荷済みになり

1月2日の午前3時に出荷済みのステータスでamahackに反映

1月3日にメール送信

 

7日後に設定した場合の送信例

1月1日の午後9時に出荷済みになり

1月2日の午前3時に出荷済みのステータスでamahackに反映

1月9日にメール送信

 

Amahackに出荷済みとして入ってきた日にちを基準に設定した日数後にメールを送信する事が可能です。現在の仕様ではサーバーの負荷を分散させる為、時間の指定が出来ない仕様となっております。

 

 

除外SKUについて

8

除外SKU一覧でSKUを指定すると、指定したSKUにはメールを送信しないように設定する事が出来ます。

 

 

除外ASINについて

9

 

除外ASIN一覧でASINを指定すると、指定したASINにはメールを送信しないように設定する事が出来ます。

 

 

初回の特別設定について

Amahackでは、初回に1週間〜2週間程度の注文データを取得します。過去の出荷済み注文に対して不必要なフォローメールを送信しないように、AmazonのMWSデータを設定後は、初回のみ手動での注文データ取得を推奨しています。

 

初回取得の出荷済み注文に対してはメールを送信しないにチェックを入れて「手動更新」をクリックする事で、初回に取得した出荷済みデータ(shipped)にはメールを送信しないようにする事が可能です。これで1週間前に既に出荷している注文に対して、商品を出荷しました。などといった迷惑なフォローメール送信を防ぐ事が出来ます。

 

10

 

1分〜5分程度の時間でクリック時点での注文データを取得してきます。初回取得の出荷済み注文に対してはメールを送信しないにチェックを入れて手動更新をクリックした場合は、取得した出荷済み(shipped)のデータに関してはメール送信されません。保留(Pending)未出荷(unshipped)のステータスに関しては、出荷済み(shipped)に変わってamahackに入ってきた時点で、送信対象となります。

 

以上で、amahackの設定は完了となります。フォローメールを活用してAmazonの売上げを一気にアップさせましょう。初回の取得設定や送信設定などが上手に出来ない場合は、技術担当者が設定を行いますので下記メールアドレスまで、「amahack設定代行」というタイトルでご連絡下さい。

 

不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。 support@nakano-ws.com